頼れる男? 

先週末、フランクフルトから長距離バスで帰ってくるおーちを、マンハイム駅まで迎えに行った時のことです。

鉄道のストライキの影響もあって、道路が大渋滞だったそうで、おまけにマンハイムではマラソン大会があったため、交通規制もあり、なんと2時間遅れの到着でした。

バリカンも買ってしまったし、ヒマなので駅で道行く人を眺めていると…
ゼッケンをつけたランナーなどにまじって、コスプレっていうんでしょうか、アニメのキャラに扮している若者らもたくさん。
近くの町でHanamiと題したアニメ・コスプレファンのイベントがあったらしいです。

と、緑のかつら+ネコみみ、緑のミニスカートに白いしっぽ、白いハイソックスにハイヒールという出で立ちの大柄な女の子が、腰を曲げてよたよたと歩いてきました。まわりにいる仲間(普通の格好)も心配そうに付き添っています。
はは〜、ハイヒールが痛くて歩けなくなってるのね、と思って見ていると、仲間のひとりの男の子(こちらも大柄)が、立ち止まり、スニーカーを脱いだ!
そう、自分の靴を貸そう、ということなのです。
女の子は、ハイヒールを脱ぎ、スニーカーに履き替え、元気回復!
男の子はそのまま裸足で(くつ下のまま)歩いていきました。

日本だったら、この光景はまずないですよね。こういう人がいたら、「なんという頼れる男!(でもちょっとへんな人)」じゃないでしょうか?

でも、こちらでは、暖かい季節には、普通に裸足で歩いている人がたまにいます。
ニュージーランドほどじゃないと思いますが(このあいだテレビ番組で見た)、それほどは驚きません。

だからまあ、自然な流れだったのだと思いますが、それにしても、コスプレにぶかぶかのスニーカー&裸足の男という、ますますおかしな集団に進化したことはいうまでもありません。笑

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2015/05/14 10:08 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1734-4749d239