Tortitas de amaranto 

メキシコからのお土産シリーズ第二弾!

カカオとともに南米では古代から栽培され食されていたという「アマランサス」です。
日本だと、お米に混ぜる雑穀ミックスなどにも入っていることがありますね。

実は分類状は「雑穀」ではなく、「疑似雑穀」で、どちらかというと「そば」に近いものだそうです。
タンパク質が多く、カルシウムは白米の25倍、鉄分は50倍!その他、食物繊維も豊富なすごい食品とのことです。原産地というだけあって、どこでも買えるそうですよ。

今回、持ち帰ってくれたのはこちら
「アマランサス・トスタード」といって、炒ってパフ状にしてあるものです。(家庭でもフライパンでパフにできるそうです)
150520 amaranto tostado

あちらではどうやって食べるのか?と思っていたら、袋の裏に「Tortitas de amaranto(トルティタス・デ・アマラント)」というレシピを見つけました。

通常、トルティタスというと、薄いパンケーキのようなものを指すようですが、トルティタス・デ・アマラントで画像検索してみたら、どうもハンバーグのような形にしたものが多いようです。

ということで、さっそくレシピをご紹介しますね。

アマランサス(パフ状に炒ってあるもの)250g
卵 3つ
すりおろしたチーズ 150g
塩 適宜
玉ねぎ 半分
コリアンダーのみじん切り 1/4カップ


以上をボウルに入れてよく混ぜ、ハンバーグのような形に整えて、気持ち多めの油でフライパンで焼くだけ。
アマランサスがもちっとしているので、ちゃんとまとまります。

*うちでは上記の材料の2/3量で作りました。チーズはパルミジャーノ、コリアンダーは省略。(パセリなどでもいいと思います)


で、こんな感じに出来上がりました☆
150520 tortitas de amaranto

もちもち感がなかなかよく、アマランサスとチーズの風味がよく合います。
アマランサス自体はそれほどクセがなく、強いて言えば少し苦みがあるかな、という程度です。
家族にも好評でしたよ♪

袋の1/3は残したので、今朝はスムージーに入れてみました。
やはりどろんとした感じになり、グラスを傾けてもなかなか落ちてきませんでした!

次回はごはんに混ぜて炊いてみようと思います。

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2015/05/22 09:21 ] 簡単レシピ | TB(0) | CM(2)

アマランサス、以前買って少し食べて残ったものが戸棚の中で眠っています。おうちでパフにすることもできるのね。これは是非やってみるわ!!
ハンバーグも栄養たっぷり、健康的で良いわー
[ 2015/05/22 22:32 ] [ 編集 ]

v-22 Yukakoさん
扱いやすさが全然違うので、パフにしておくと便利かもしれませんね。私もやってみようと思ってます。
このハンバーグ、好き嫌いもあるかと思いますが、YukakoさんはOKかもしれない。笑
[ 2015/05/23 13:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1739-521f2d5d