ゼンケンベルク自然博物館@フランクフルト 

るーが生物のクラスで訪れる予定が中止となってしまった、フランクフルトのゼンケンベルク自然博物館
記事こちら→「やはり中止に」

ここ、トリップアドバイザーなどの旅行情報サイトでもなかなかの高評価なのです。(フランクフルトの観光カテゴリー297軒のうち、9位!)

で、土曜日に行ってきました。

近代的な感じはしないのですが、なかなかの見応えでした。恐竜をはじめ、化石の展示も充実。そんな中、私がかなり気に入ったのが、鳥類  の展示です。

一般的な野鳥から、珍しい鳥まで、かなりの数の剥製が並んでいます。

見ていると、人間はこれまでずいぶんと鳥たちの模倣をしてきたのだな、と実感します。
自分を表現する(アピールする)のをファッションと定義すると、ファッション史には、鳥たちの要素が多々見受けられるのです。鳥たちもそうやってアピールして淘汰されてきたのですから、自然なことかもしれませんけどね。

紅白歌合戦で見るド派手な衣装、宝塚歌劇団、リオのカーニバル、パリコレ(よく知らないけどそんな感じ)など、こういう人いるいる!という鳥がたくさん。笑

ほら、 いそうでしょ?!
150530 Senckenberg1

こちらはモード系
150530 Senckenberg2

プレスリーにしか見えない
150530 Senckenberg5

こちらは意外性を狙ったか
150530 Senckenberg3

そして、この中でも私が一番唸ったのはこの方…
150530 Senckenberg4
こういうマダム、絶対いるでしょ!!

ゼンケンベルク自然博物館、オススメです。お近くの方はぜひ!
ゆっくり見ると半日つぶれるかも。ちなみに土曜日の午前中は空いていてよかったですよ。
写真撮影可なところもマル。お子さん連れもたくさんでした。

インフォはこちら→ SENCKENBERG NATURMUSEUM FRANKFURT

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2015/06/02 08:59 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1744-0526fe75