ご近所バトル…? 

ちょっと間があいてしまいましたが、みなさま、お変わりありませんか?

向かいのお宅のプリンターを直し、きれいなシャクヤクをもらってきたふぇでしたが…
帰ってきて、「すごい話を聞かされた… 」と。

なにかと思ったら、向かいのお宅(S家)と、そのお隣のC家とのトラブルの話でした。

S家は、比較的年配のご主人と奥さまのふたり暮らし。認知症を患ったご主人を奥さまが介護されています。=以下、「プリンター」と呼びます。
C家は、小学生ふたりがいるヤング・ファミリーといったところ。=以下、「ファミリー」

S家とC家は、ライエンハウスというお互いに壁と壁のくっついた住宅です。
よって、敷地も繋がっており、庭はパーテーションで区切られています。

さて。
「プリンター」によれば、なんと、「ファミリー」が、パーテーション越しに、「酸性の何か」を撒いてきて、芝や植木などがみな枯れてしまったというのです。(ふぇは「証拠写真よ」と、何枚か見せられたそう)

んー、でも、そんなことわざわざします?ちょっと考えにくいですよね〜。植物が枯れる他の理由も考えられるし…(例えば、パーテーション設置の工事に使われた素材に問題ありとか)

とにかく、それだけではなく、2012年からバトル状態だ、と言うのだそうです。全然知らなかったよう。こわっ。


うちは、言葉がそれほど堪能でないこともあり(ふぇは実はドイツ語わかるんだけど)、両家とも深いお付き合いはなく、顔を合わせればにこやかに挨拶するといった程度にそこそこうまくやっているんですが、実は、どちらの家にもちょっと「???」と思う節があり…

「プリンター」のほうには、最初の頃、挨拶もしてもらえませんでした(特に私)。それが、ふぇが一度、車のバッテリー切れで困っている奥さんを助けてあげた時から、態度一転。感じよく接してくれるようになりました。
で、日本人だとわかると、「私はドイツ人よりも日本人のほうがメンタリティが合うんですよ〜」とか言っちゃって!
しかも!つい最近まで、ふぇも日本人だと思っていた!! ←いやいや、これないでしょう。

「ファミリー」のほうも、普通の若夫婦に見えるんですが、うちのゴミ収集箱にしれっとゴミを入れていたりするし、そのご両親という人たちがさらに「?」だったりするのです。
若夫婦がアメリカに転勤で一年行っていて留守にしている間、頻繁にやってきて(多い時期は毎日!)、玄関のアラームの点検を何度も何度も繰り返し…

音としてはそれほど大きくはないので、騒音というわけじゃないんですが、「ガチャ、ピーーー」「ガチャ、ピーーーーー」「ガチャ、ピーーーーーー」と何回もやられると、そのファナティックさに呆れるというか、さすがに「またか!」とうんざり。というか、あんなにアラームの点検ばっかりしてたら「この家は留守です」と宣伝しているようなものじゃないかと思うんだけど。

というわけで、両家のバトル、どうなるのでしょうかね。うちに対してもそうだったように、ちょっとしたきっかけで関係が好転するといいんですけどね。んー、難しいかな。

うちと地続きのお隣は、とっても常識的で鷹揚なご家族なので、本当にラッキーでした☆

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2015/06/09 14:24 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

日本人の私たちから見ると変わった人がやっぱりいますよね。ドイツ人気質というのを理解するのに時間がかかる上、言葉の壁ってのがありますよね。娘もよくこの類のことを言っていました。「変わってるわ~」って。
[ 2015/06/10 00:33 ] [ 編集 ]

v-22 kuishinbouさん
そうですね〜。ドイツの方たち(近隣国もそれぞれ個性が強いですね)がそうなのは、慣れてきましたけど、こちら在住歴の長く、ドイツに馴染んでとけ込んでいる方の中にもドイツ人気質(?)の方がたまにいて、これはさらに堪えます。お嬢さんのような方がいると、ほっとします。笑
まあ、外国人から見たら、日本人気質も「???」なんでしょうけどね^^;
[ 2015/06/10 06:43 ] [ 編集 ]

なんだか

酸性のなにかで植物枯らされる、ぞっとする話がこんな近くに!爆
もう任期は終わってしまい心からホッとしているのですが、うちのダンナが官舎の理事長代理 にある日突然なってしまったんですよね(前任者がアフガニスタンに派遣されたため)そしたらご近所さんのトラブルの相談が 我が家に電話や訪問で絶え間なくやってくるようになり、いいかげんにして!と言うか もう怖かったのなんのって。笑
[ 2015/06/10 14:28 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
うわ、「官舎で」というのは、さらに面倒そうですね。任期終わってよかったです。
酸性のなにか、というか、床磨いたあととかの洗剤入り水を流しちゃってる、ぐらいは考えられなくもないですね。

実はさっきもプリンター奥さんが「ケータイがつながらないんだけど」と来ました。機内モードになっていただけなので、おーちが説明しながら直したんだけど、「えー!すごい。どうやって直したの?」と、マジックでも見た時のよう。わかってなさそうなので、また来るかもな。
[ 2015/06/10 18:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1747-3f8a0b1c