カシュテル・シュタフィリチ 

さて、リュブリャナを後にして、いよいよクロアチアへ向かいます。

ドイツを出たときからずっと、曇り時々雨というお天気でしたが、クロアチアに入るとみるみる晴れ間 が広がりました!

150819 slo-cro

予定時間通りに滞在地のKaštel Štafilić(カシュテル・シュタフィリチ)に到着。
緑色で囲んだところです。

首都ザグレブに次ぐ第二の都市スプリト(旧市街が世界遺産/オレンジ下線)と、紀元前3世紀にギリシャ人によって作られた町トロギル(こちらも世界遺産/ピンクの下線)の間にあります。

クリックで拡大します
tro-kastela-sp

トロギルからスプリトの間の沿岸には、

カシュテル・シュタフィリチ
カシュテル・ノヴィ
カシュテル・スタリ
カシュテル・ルクシチ
カシュテル・カンベロヴァツ
カシュテル・ゴミリツァ
カシュテル・スチュラツ

という7つの小さな町が並んでいて、全体で「カシュテラ」という複合自治体になっています。

アドリア海は波も穏やかで、すぐそこに魚の見える透明な水… 海水浴にはぴったりのところなので、一応は観光に力を入れているようですが、大きなレジャー施設などがバーンと建設されている、ということはなく、貸しフラットなどがたくさんあるという程度。

夏の海辺の町って、夜になると電飾ピカピカの夜店や移動遊園地みたいなものが作られて、夜な夜なうるさいところもありますが、そういうのが苦手なので(たまに遊びに行くなら楽しいですが)、ここはとても過ごしやすかったです。


カステル・シュタフィリチのビーチ。砂ではなく、小石です。

1508 Kastel Stafilic1

1508 Kastel Stafilic2

通り雨のあと、スプリト方面に虹が出ていました。滞在中、雨が降ったのはこの一度だけ。
1508 Kastel Stafilic3

この辺りには、ざくろの木がたくさんあって、たわわに実をつけていました。
1508 Kastel Stafilic4

オリーブもあちらこちらにあります。クロアチアはオリーブオイルの生産地としても有名です。
(近年、イタリアでは南部を中心にオリーブに細菌性の病気が広がっていて、深刻な問題になっているようです)
1508 Kastel Stafilic5


ほか、よく見かけたのはいちじく。紫色ではなく、小ぶりで黄緑色をしています。
借りていたアパートには、器に山盛りのいちじくが用意されていました。

親切なオーナーは、ほかにもぶどうやもも、朝食用のジュースやジャム、ワイン、そしてなんと滞在中に使える携帯電話まで置いておいてくれました!(電話は使いませんでしたが)

このあたりの人たちは、愛想がいいというわけではないものの、みな親切でした。

次回もクロアチアレポートが続きます☆

⇩ 応援クリック、お願いします☆
banner-tsuta2013
[ 2015/09/03 19:15 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

こんばんは! 麻さん

昨日からのクロアチアのレポート
楽しく拝見しております。
ユーゴスラビアの内紛は記憶に新しいですね。
悲惨な戦争は多くの命を奪ったようで
いつ、いかなる時でも起きてはならないですね。
今日本では安保法案反対のデモが各地で行われています。
制定されると、戦争に巻き込まれる恐れがあるため
とても危惧されます。

舌を噛みそうな地名、初めて知りました。
綺麗な海ですね。
泳いでいる人は、気持ち良いだろうね。

地元の美味しい料理も堪能され
素晴らしい日々を過ごされたんですね。
[ 2015/09/04 11:35 ] [ 編集 ]

v-22 花咲かじいさんさん
戦争や紛争やテロ、そしてそれに伴う難民の問題…今は平穏な生活を送っている私たちですが、世界中にひたひたと危機が迫っているような気がしています。世の中がよい方向へ向かうよう、祈るばかりです。

海はとてもきれいで、水温も高くて気持ちよさそうでした。
老若男女、それぞれの楽しみ方で海を堪能しているようでしたよ。
[ 2015/09/04 19:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1784-7de394ff