つかえないドイツ鉄道 

遅い夏休みを日本で過ごし、先週日曜日にドイツに戻ったぺい。
翌日から大学が始まったので、その週はこちらに帰らずに寮で過ごし、今日金曜日にお土産や頼んだもの、お預かりものなどを持って帰ってきました。

朝6時に起き、7時過ぎの電車に乗るために、フランクフルト駅へ。
乗るのは、フランクフルト-ハイデルベルクを往復するローカル線です。通常、1時間40分で走ります。

が…
7時6分発のはずの電車が到着したのが、7時40分ごろ。(ハイデルベルクから来る電車が遅れたわけですね)
スーツケースとスポーツバッグを担いで、やれやれ、と乗り込んだのもつかの間、走り出したと思ったらほどなく停止。
で、35分止まったまま!この時点で1時間以上の遅れです。

これ、日本だったらかなりの問題という扱いになると思いますが、こちらではまあ、想定範囲内といったところでしょうか。
ハイデルベルクにも、だいたい1時間遅れで到着…のはずでしたが、そうは問屋が卸さない。

車内で耳を疑うアナウンスが!
「この電車、大幅に遅れているため、途中駅止まりとなり、フランクフルトへ折り返します」

つまり、ハイデルベルクの手前の駅で降ろされる、ということです。
しかも、その後の乗り継ぎ案内などはなし。ははは。

乗り継ぎ検索をしてみたら、そこから直行でハイデルベルクへ行ける電車は他になし。(後続の電車は一時間後だし、それだって時間通りに着くとは思えない)

あとは、おそろしく遠回りになる乗り継ぎしかありません。

降ろされた駅はだいたいハイデルベルクから10kmの距離ということで、ふぇが仕事を抜け出して、迎えに行きました。

しかしまあ、日本では考えられない Theドイツ鉄道!
ハイデルベルクへ向かおうとして、途中で降ろされたぺいも災難でしたが、折返してフランクフルトへ行くはずの電車に乗ろうとハイデルベルクで待っていた人たちも「はあああ?」だったでしょうね。

労働時間などの待遇改善要求とかいって、しょっちゅうストなどしていますが、その前にちゃんと働こうよ、と、声を大にして言いたい!

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2015/10/16 20:36 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

お久しぶりです♪

麻さん
ご無沙汰しています。
お子さんたち、大きくなりましたねえ!
もう息子さんは大学生ですか^^。

久しぶりに伺ってみましたら、今も日記を書かれていて何だか嬉しくなりました。
私も含め、皆さんやめられてしまった方が多くて。

自分のHNさえも忘れてしまったのですよ。笑
どれだったかな?って。

またお邪魔させてくださいね~。

追伸
そう言えば今日から友達がドイツに行きました。
どこを回るか聞くの忘れましたが。
もう、そちらは寒くなって来ていますかね?
[ 2015/10/20 12:47 ] [ 編集 ]

v-22 マチルダのママさん
わー、お久しぶりです!お変わりありませんか?
もともとは日本の家族や友人たちへの近況報告といった感じで始めたブログでしたが、こうしてブログを通したご縁もいただき、ほそぼそながら続けています。
ちょっと笑える子育てネタもすっかり少なくなりましたが、またどうぞお寄りください。
こちらは10月に入って急に冷え込み、先週は0℃近くまで下がりましたが、これから少し暖かくなるようです。とはいえ、日本からいらっしゃると、寒く感じるでしょうね。
[ 2015/10/20 13:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1808-08abc372