買い手が決める価格? 

記録的に暖かだった今年のドイツの秋ですが、週末にかけてどんどん気温が下がる予報が出ています。
いよいよ本格的にウィンターシーズン の到来です。(ちょっと印象がいいかと横文字を使ってみましたがどうでしょう?)

昨年は暖冬だったため、ボイラーの燃料となる灯油の減りが少なく、例年春先にする給油がこの時期となりました。

これまでお世話になっていた会社が、もう一つの会社と合併したらしく、連絡先が変わり、インターネットで問い合わせができるようになったんですよ。

ところが…
名前や住所、電話番号、どれくらいの量(ちなみに3000リットルです)か、いつごろの配達を希望か、などの記入が必須の項目のひとつに、「希望価格」という欄が。

ふぇとふたりで 「???」でした。
価格について、普通は必要事項を送って、あちらからの「見積もり」を待ちますよね。 

でも、その項目を書かないと、送信できないので、いわゆる「価格比較サイト」で検索してみました。
3000リットル、そして、ここの郵便番号を入力すると、価格帯が表示されます。
56〜58ユーロ/100Lがこの辺りの相場なようです。

そこで、希望価格は、56ユーロと記入して送信。
まあ、一応書かせてみるものの、料金は決まってるんだろうな、と思っていると…

翌日、返事が来ましてね。
お客様の提示された「56ユーロ/100L」で承ります、というのですよ!

決して悪い値ではないですよ。でも、でも…
つい、「もしかして、もっと低い金額を提示したらどうだったんだろう???」と、思ってしまいませんか?

ちなみに、ドイツ全土での価格を調べてみたら、 こうなってました。

Heizöl preis 2015

55ユーロまでは行けたかなー?という気もしますが、ここは56ユーロでお願いしようと思います。

しかし、昨年の終わりから安くなってくれて助かります。2013年はきつかったもんなあ。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2015/11/16 14:04 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

それは新手の手口!笑 なんだか怪しいニオイがするようでしないようでうっふんな感じなので支払いまで気が抜けませんね。
[ 2015/11/17 09:52 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
なかなかいい勘してますな、奥さま。海外在住が長くなると自然に養われますわね。
56ユーロ(3000Lで1680ユーロ)は消費税込みの価格、と明示してあったのに、合計金額にさらに消費税19%が加算され、1999.20ユーロとの見積もりが来ました!
ふぇが「それでは、消費税の二重徴収になるのでは?」と返信したら、すぐに「すみません、間違えました」と訂正が。やっぱり怪しいニオイがするようでしないようでする?
[ 2015/11/17 13:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1825-9e01a140