ミラノから戻りました☆ 

みなさま、おひさしぶりです!
今年も残すところあと3日。忙しくされていることでしょう。

さて、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

我が家は、久々に家族5人が揃って、ミラノのふぇ実家に行ってきました。
24日の早朝、フランクフルトからぺいが到着→途中、ぽてととちっぷをシッターさんに預ける→いざ、ミラノへ、と、かなりバタバタな一日となりました。

結婚してから、一度だけ日本で年末年始を過ごした以外は、ずーっとふぇ実家でのクリスマスだったのですが、

2012年は、高速道路での車故障 →「車故障、事後レポート」
2013年は、日本からお客さま
2014年は、ふぇ家族がドイツへ来る

と、ここ3年連続でドイツでのクリスマスとなったので、ティナおばあちゃん(こどもたちにとってはひいおばあちゃん)にクリスマスに会うのは本当に久しぶり!
その間、春や秋に会いに行ってはいるのですが、やはりクリスマスに会わないというのは、もう何年も会っていないように感じるのでしょう。

この夏に95歳になったティナおばあちゃん。つい最近まで、家政婦さんの2歳になる娘さんにカーディガンを編んでいたそうです。
さすがにうちのこどもたちが着られるような大きな作品は編めず、「何も編んであげられなくてごめんね」と、申し訳なさそうにしていました。笑 (たぶん、もう100枚以上編んでもらってます)

家の中でも歩行器を使い、一日中、酸素吸入器をつけていますが、自力でトイレにも行け、食欲もあるとのことでちょっと安心。
何年か前に、私たちがプラハからお土産に持って行ったガーネットのブローチをつけ、チョコレートプリンを作って待っていてくれました。

幸い、医師である伯母が一緒に暮らしているので、体調管理はうまくいっているようですが、伯母も75歳。
介護アシスタントが来てくれてはいるものの、やはり肉体的にも精神的にも大変なのではないかと心配です。


私たちが滞在している間はずっと、冬のミラノの風物詩の霧が出ていました。

151226 milano1

151226 milano2

結婚して20年。
須賀敦子さんもこんな光景を見ていたのだろうか、と、少しだけ気持ちがわかるような気がしました。
また須賀さんの本を読み返してみようと思います。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2015/12/28 11:56 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1847-114507d9