たかがドア、されどドア 

このところ、何がいくらだ、という話が多くて、なんか感じ悪いなあ、とも思うんですが…

ミラノでぶつけられてへこんでしまった我が家の車のドア。

1601 avensis verso porta

行きつけの修理屋さんに見積もりを出してもらったところ、思わぬ金額に!

なんと、約3,000ユーロ! 
そんなにかかるものなんですねー。「エステ」関連はお金がかかる、ということか。

もちろん、100%相手方の保険で修理するということで話がついているので、こちらの負担はゼロなんですが…

実は、我が家の車、2002年のものなのです。ということで、中古車の評価サイトで検索してみると、現在の値段の平均値は、約4,000ユーロとのこと。

時価4,000ユーロの車のドアの修理代3,000ユーロ…保険会社、出してくれるんでしょうかね?

2012年クリスマス・イブの高速道路でのエンジン損壊など、いろいろあって…
「おかえり、Avensis Verso♪」
エンジンは新しいものに替えているし、その他のパーツもあちこち交換・修理して、かなりかかっているので、できれば直したいのですが、開閉など、機能的にはとりあえず問題ないということもあり、さすがにちょっと心苦しい気もして。

普通は、「いよいよ買い替えのチャンス!」になるんだと思いますが、なんというか、この車はつらいことも不安も、喜びも楽しい時間もともにしてきた「家族」で、特に深い思い入れがあり、手元にできるだ置いておきたいという気持ちも強いのですよ。

事故の相手にもこの見積書を送ったので、あちらでの話がどうなるのか、まずは様子見ですね。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/02/11 08:40 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1866-882d5e75