リヨン再訪 

るーとの旅行、行き先はフランス・リヨン でした。

1996年から9年間住んだ町。
るーとおーちが生まれたところでもあります。

あの頃は、小さい3人を抱えて、毎日毎日、中身の濃ーい時間を過ごしていたなあ。
幼稚園の送り迎えで1日4往復(働いていない私は、昼食を自宅に連れ帰って食べさせなくてはならなかったので)と、学校の巡回バス停へのお迎え、その他買い出しなどで、毎日12,000歩は歩いてました。

街も自分も、それぞれ変わったところと変わらないところがあり、なんというか、それが新鮮に感じました。

ひとつ可笑しかったかったのは、当時はどこに行くにも重労働だったけど(気合いが必要だった)、幼児なしだとこんなに移動が楽なんだ!と気づいたこと。
るーが作っていた「行きたいところリスト」を見て、「そんなに無理だよ」と言いましたが、なんてことはなくあっさりクリア。笑

いまだ最高度のテロ警戒レベルは解除されず、厳重な警戒態勢が維持されていて、駅にも街なかでも、自動小銃をもった軍の兵士が3人組で警備にあたっていました。

なんら変わらないように見える一般の人々の様子と兵士の緊張した面持ちは、「そっくりだけれども実は現実から少しずれた世界」にいるような錯覚を起こさせ、これからの世界はどうなっていくのだろう、と、漠然とした不安が残りました。

とはいっても、久しぶりのリヨンでは、とてもいい時間を過ごすことができました。
次回から、レポしますね!


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2016/03/07 18:08 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1878-74df5b02