Les Halles de Lyon 

ホテルの朝食は値段のわりにそれほどよさそうでもなかったので、近くの「Les Halles de Lyon Paul Bocuse」へ。

160304 les halles1

ポール・ボキューズの名を冠した、食材店やデリなどが並ぶ、グルメ御用達の屋内市場です。

通路もゆったり広め。金曜朝8時は、まだ空いています。
160304 les halles2


まずはパン屋さんへ。
160304 les halles10

と…ありました! プラリーヌ・ローズのケークやタルト!
160304 les halles9

プラリーヌ・ローズとは、このあたりの名物で、赤く着色した砂糖がけアーモンドのことです。
praline rose lyon

リヨンではどこにでもこのプラリーヌを使ったパンやお菓子があるのですが、住んでいたころは、この地方独特のものだとは知らず、赤い色も気になってほとんど食べたことがなかったんですよ〜。
でも、離れてみれば懐かしく、リヨンに行ったら食べるものリストに入れました。笑

ということで、朝食には、このプラリーヌ・ローズのブリオッシュを。
160304 les halles11

通路を挟んだ反対側がカフェスペースになっていて、飲み物をオーダーすると、買ったパンがそこで食べられます。
エスプレッソに牛乳を少し加えた「カフェ・ノワッゼット」と。
160304 les halles13

このブリオッシュはかなり本気というか、プラリーヌがどっさり入っているタイプで、私には甘すぎました〜。だいたいの日本人には甘すぎるのではないかと思います。街の普通のパン屋さんのものからお試しを…

ちなみに、「カフェ・ノワゼット」は、イタリアでいう「カッフェ・マッキアート」のようなものなのですが、エスプレッソはちょっとキツすぎるけど、カフェオレみたいにたっぷりは飲みたくない、という時にピッタリです。


さて、きゅーっと血糖値を上げたところで、ちょっとお店を覗いてみましょう。
といっても、結構気が小さいもので、「写真撮ってもいいのかな、どうしよう、あ、見てない、カシャ」的にビクビク撮っていたので(写真撮っていいですか?と聞けばいい話なんですが、なかなかね)、ちゃんとしたものはないです。


タルトいろいろ
160304 les halles12


ショコラティエ
真ん中の緑のものは「Coussin de Lyon」=リヨンのクッションというお菓子。
マジパンの中にガナッシュが入っています。
17世紀にコレラが流行し、壊滅的な打撃を受けた時、丘の上のフルビエール教会のマリア像に、絹のクッションにのせた金貨を捧げて祈願した、という言い伝えが元となっています。

160304 les halles6


フランスといえば…もちろんあります、マカロン
中央の「ミクロマカロン」は、かわいいけど食べ応えはどうでしょうね〜。
コーヒーなどに添えるにはよさそう。
160304 les halles8


こちらもおいしそうなケーキ… ではないんですよ〜。
サーモンやフォワグラなどを使ったお惣菜です。
前菜などにおしゃれですねー!
160304 les halles7


こちらは「Polet de Bresse」=ブレス産地鶏です。 …おかしらつき
AOC (Apellation d'Origine Controlée) =原産地統制呼称に認定され、最高級といわれています。
160304 les halles5

そしてこちらは「Pintade」=ほろほろ鶏。
日本では馴染みがないですが、キジ科の鳥で、イタリアでも食されます。
こうやって羽根が見えると、ちょっとためらってしまいますが、なかなかおいしいものです。
義母は、ぶつ切りにしたものをフライパンでじっくりローストし、マルサラ酒で香りづけをしていました。
160304 les halles4

それから、こちらもリヨンの名物、「Quenelle」=クネルといいます。
魚のすり身(川かますが有名)と卵、小麦粉、バターなどを混ぜて形を整えたもので、はんぺん風な感じ(?)です。
ベシャメルソースやトマトソースをかけて、もしくはそれをグラタンにして食べるのが一般的かな。
160304 les halles3

他にも、肉・ハム・ソーセージ系など、専門店がずらりと並んでいます。

素敵なマダム(普段着っぽく着崩しているものの上等なカシミヤだったりする)が、お店の人と週末のお昼のメニューを相談しながらあれこれ選んでいる様子は、とーってもかっこよかったです♡

当時の私は、青空市場専門で、こども3人と買い物袋を全身にぶら下げて、バタバタと歩き回っていましたが…
あ、でも↑のマダムは、そんな青空市場でもかっこよく買い物するんだろうなあ。

ということで、もしリヨンを訪れて、時間に余裕がありそうな時は、ぜひ「Les Halles de Lyon Paul Bocuse」に寄ってみてください。
Les Halles de Lyon Paul Bocuse


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2016/03/08 11:15 ] おでかけ | TB(0) | CM(3)

麻さん家のルーツを手繰るステキな旅ですね。なんだか美味しそうなものがいっぱいで私も便乗旅行した気分に。笑
鶏もまるっと売ってるんですね!真っ赤な焼き菓子たちは何か特別な味がするのですか?いちご味じゃないだろうし。。。
[ 2016/03/08 17:12 ] [ 編集 ]

いやー、なかなかいい場所ですね。
今後、リヨンに行く事があったら寄ってみたい。
観光地を巡るのも楽しいんだけど
やっぱり美味しいものに出会えるかで
その旅の良さが変わってくると思っています。
色んな所に行ったけど、結局記憶に残っているのは
あそこで食べた料理、美味しかったなぁーって(笑)
食いしん坊すぎですね・・・。

[ 2016/03/09 00:30 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
ドイツも気に入ってますが、やっぱりこういうところを見ると、フランス暮らしもよかったな〜、と思いますね。
鶏はみなさん細かく切りかたを指定してさばいてもらってました。(頭とか必要な人はあまりいないですよね)
真っ赤な焼き菓子は、甘いだけです。(笑)アーモンドの香ばしさが絶妙で、主役となってます。

v-22 mossaさん
ですよね!そして、その土地で食べる料理やお酒は、だいたい美味しいものですよね。
市場やスーパーなんかにも必ず寄ります。
ここのチーズ屋さんでは、日本に持ち帰りたいというと、特別に包んでくれるそうです。

[ 2016/03/09 10:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1879-7da1c6c8