トリックアート? 

さて、こちらの写真、よく見ると…
お気づきですね☆
壁に描かれた街並みの絵なのですよ〜!
旧市街の北、リヨン4区クロワ・ルス地区にあります。

「Mur des canuts」=カニュの壁

160304 Lyon3


ほら、階段下の部分がこちら。
160304 Lyon4


こんな写真を撮って遊ぶのがお約束。笑
160304 Lyon le mur des canuts1


ほとんど違和感なく見えます。
160304 Lyon le mur des canuts2


さて、この壁の絵、現在のものは三代目なのだそうです。

1998年に作成された二代目はこちら。
160304 Lyon le mur des canuts 1998


そして、1988年に描かれた初代がこちら。
160304 Lyon le mur des canuts 1988


この壁、もともとはどうだったかというと…

これはさすがにさびしいですよね〜。
160304 Lyon le mur des canuts avant

リヨンには、こういった壁のだまし絵のようなものが他にもたくさんあるのですが、このカニュの壁は一番大掛かりで、観光名所になっています。
この壁を見たあとには、「あれは本物?描いたもの?」と、窓枠などをじーっと見てしまうことに。笑


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2016/03/14 09:55 ] おでかけ | TB(0) | CM(4)

すごいですね!こんな大掛かりなだまし絵は初めて見ました。
7年前にリヨンを訪れたことを懐かしく拝見しています。
残念ながらこのだまし絵は見ていません。こんなすてきなだまし絵を、見てみたかったです。
[ 2016/03/14 11:45 ] [ 編集 ]

v-22 のんこさん
娘が行きたい所リストに入れていて、「まあ、一日券(公共交通の)があるから行ってみるか」ぐらいの気持ちで行ったんですが、なかなかよかったです。
年代ごとに特徴が出ていますね。三代目は「緑化」もテーマになっているようです。
[ 2016/03/14 16:01 ] [ 編集 ]

これは凄い!
最初の写真を見て、どの辺がだまし絵なのか見極められなかったのですが、全部だなんて思いもしませんでした〜。
私がフランスに来た頃の、ふざけた初代のも見たかったな。
[ 2016/03/15 16:58 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
すごいですよね!私も、最初、「どこまでが絵なんだろう?」と思いましたよ。
初代は、明らかに愛嬌、ですが、三代目は狙いに来てるな、という感じですね。笑
pcommeparisさんは、もう日本よりフランス生活のほうが長いんですね〜。
[ 2016/03/15 18:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1881-c22f9778