まさかの!イタリア領事館 

イタリア領事館行き、なにが起こるか、はらはらドキドキでしたが…

いやあ、領事館に行く前にこんな事態が待ち受けていたなんて!

前回の記事から抜粋すると、 ここ に問題が。

ということで、ぺいもフランクフルトから戻り、久しぶりの家族5人でのお出かけです。

実はぺい、現在、卒論の準備のため、ラボで実験漬けの生活を送っているのです。
ということで、金曜日には休みを取り、木曜夕方にこちらへ帰ってくるはずだったのですが…

木曜日はラボの掃除当番。しかも!そのあと、寮に戻ってゴミ出しなどをしてからこちらへ向かう、と。
この時点ですでに21時過ぎ。好物の唐揚げなど作って待っていたんですが、まあ、仕方ないですね〜。

が!フランクフルト駅に行ってみると、いつも乗っているハイデルベルク行きのローカル電車がない。なぜだかわからないですが、その夜は一本も出ていないようでした。

仕方がないので、別路線を迂回し、マンハイムに23時半ごろ到着。ふぇが迎えに行きました。
まあ、明日は9時出発予定だから、ちょっと朝はゆっくり寝られるでしょう。と思っていたんですが…

ふぇ「ところで、古いパスポート持ってきたよね?」

ぺい「…あ

ふぇ・ぺい「………………………」

真夜中近くに家に到着し、とりあえず唐揚げをほおばるぺい。

結局、翌金曜の朝早く、ぺいが電車でフランクフルトまでパスポートを取りに行くことになりました。
さすがに特急を予約しました。(ぺい自腹)
なんだかんだで、時計は1時を回り…

5時には「おはよう!!」

電車は5:47発。その時間、バスはないので、自転車で駅まで行かなければなりません。
フランクフルトでの滞在時間は約1時間。寮まで往復するのにはギリギリです。
行きの電車が遅れると、かなりキツくなります。
が、ほぼ遅れなしで到着!

帰りの電車も15分遅れですんで(日本で新幹線が15分遅れたらニュースですが)、なんとか9時半に、車でシュトゥットガルトへ向けて出発することができました。

そして… 途中、渋滞もなく、ナビの予想よりも早く着き、領事館の予約の10:55に間に合いました!

さて、まずは例のカオス「とりあえず受付」へ。

と、順番待ちの列がない!(もともと「列」は作らないんだけど…笑)
しかも!予約分に関しては、なんと、時間と名前が表になって貼り出されているではありませんか!

待っている人が他にいないところをみると、次は私たちの番のようです。
ということは…なななんとっ!時間通りに進んでいる!

パスポートの書類にも問題がないということで、あっさり「本窓口」へ。
これまでとは雲泥の差!やればできるじゃないか!などと言っていたら、なんと、今回は逆に叱られる事態に。

理由は…インターネットで予約をした時、「ふぇの名前」で「息子と娘たち3人」のパスポート申請のための予約をしたんです。
だから、領事館では、「4人枠の予約」を入れてくれていたんですね。

担当者 「んー、わかりますか?あなた(ふぇ)が要らない予約を入れたせいで、他の誰か一人が今日の予約から外されているのですよ」 

ふぇは、「失礼しました」と言っていたけど、メールをよく読めばわかることだとは思うんですが。
というか、イタリアに言われたくないわー、とつい思ってしまいました。

まあ、結局はイタリア人がイタリア人に向かって言っていることなのでいいんですが、よそ者から見ると、なんだか滑稽にすら思えてきます。

あの劇場型カオスの待合室。当たり前のダブルブッキング、時間管理能力のない運営…
それが、たまたま上手く回っているだけで、まあ誇らしげに意見すること!笑

それでも、3人分のパスポートをあっさりゲット出来たのは、それを差し引いても喜ばしいことでした。

でもね、パスポートは申請書類を持参してその場で発行してくれるのに、事前にメールで申請しておく身分証明書のほうは何週間かかかるんですって。不思議だ。

ということで、身分証明書の受け取りは日を改めて行くことになりました〜。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/05/02 08:27 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

なにはともあれ、お疲れ様でございました。私もイタリアに文句言われたくないんだけど、言われ続けて十数年でございます。偶然ですが、今日も書類手続き関係で門前払いをくらいました。涙
[ 2016/05/02 21:15 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
ありがとうございます。
私も「結婚式を教会で挙げたのなら、世界のどこからでも自動的に連絡が来るので、婚姻届は必要ありません」と言われた時以来、覚悟してきましたが(笑)、ネタは切れず…
[ 2016/05/03 10:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1909-346773e5