Cacaolat 

ちょっと話が戻るんですが…
イタリア領事館には、小さなバールがありまして、エスプレッソやお菓子、お昼時にはパニーノなども食べられます。

入り口近くには、冷蔵ショーケースがありまして、パルメザンチーズなんかも並んでいます。
そこに、地味な色合いながら、妙に目を引くモノを発見。

Cacaolat
160429 cacaolat

みなさん、「あれっ?」と思いませんでしたか?
あの世界的に有名なドリンクのロゴに似ていると思うんですが…

???」と思って調べてみると、このCacaolat、スペインで作られているいわゆるココア牛乳で、なんと、1933年発売というロングセラー商品でした。
コカ・コーラは1885年発売なので、まあパクリかもしれないですけど…中身が全然違うから、まあ問題なさそうですね

もともとバルセロナのカフェで出されていたものが、商品化されて現在に至る、ということらしいです。

→ 「Cacaolat」英語のページ

そういえば、昔、祖父母と新宿に出かけると、なぜか決まって地下道のスタンドでびん入りのコーヒー牛乳を飲んだなあ。
店のおばさんが、ピックで紙のふたを開けてくれて。

Cacaolatにも、懐かしい思い出がある人がいそうですね。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/05/04 13:04 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1911-ffa7a094