また道を聞かれ… 

近所を歩いていたら、後ろからやってきた車が減速。
「あー、またかな…」と思ったら、案の定、停止して窓が開き、「ここはどこですか?」 

もーこれ、苦手なんですよ〜。
お役に立ちたいとは強く思うんですが、車は車道に停まっているわけで、後続の車なんかがいると、「早くしなくちゃ」と、焦ってしまう。そもそも、私のドイツ語通じるのか、というところから問題だしね。

「○×の△通りです」 …それにしても「ここはどこですか?って、そこから!?」と心の中でつっこむ私

「スポーツセンター (スタジアムや各種練習場、体育館などが並ぶ地区)は近くにありますか?」 …これならわかる

「この先を左折、まっすぐ行ってADAC(日本のJAFみたいな機関)を右折です」   …実際は単語を並べているだけですが

「ありがとう!」

あああ、よかった〜。
でも、このスポーツセンター、これまでにも何度か尋ねられています。
たしかに初めて来るとわかりにくいんですよね。もう少し、看板とか立てればいいのに。

あと、もう一箇所、よく聞かれるのは家のすぐ近くの高齢者福祉施設。
こちらは、歩いて来られる高齢の方に聞かれることが多いので、だいたいは、一緒に歩いてご案内しています。
急ぎの用事があることなんてまずないし、信号のない道を渡らなくてはならないのも気になるのでね。

ここでは誰かの役に立てることってほとんどないんですが、少しずつできることはしたいと思っています。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/06/21 09:27 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1927-a61140a2