Jagdschloss/リン(Linn)城 

デュッセルドルフでの日曜日。
今回の目的、るーの某認定試験でした。

ふぇと私はその間ヒマになり、デュッセルドルフからアウトバーンで15分ほどのところにあるKrefeld(クレーフェルト)という町の郊外にあるLinn(リン)城に行ってみることにしました。

前日に「街」は歩き疲れたので、その日の朝に、近郊でちょっとのんびり散策できるところを、と探していて、なんとなく決めたのでした。

が!ここ、なんかとてもよかったです。

リン城の周りには、Jagdschloss(狩りのためのお城)や博物館があります。
通常、入場料は6ユーロ(城や博物館込み)ですが、なぜかその週末だけ無料となっていました♡

この日もお天気は不安定。着くなりみるみる雲って降りだしたので、まずは目の前にあったJagdschlossに駆け込みました。

Jagdschlossは、直訳すると「狩りのための城」ですが、こちらは18世紀の建物で、お城というよりは大邸宅といった感じです。
160703 jägdschloss1


こんな感じの部屋がいくつもあります。
160703 jägdschloss2


厨房も当時の様子が再現されています。
160703 jägdschloss3

160703 jägdschloss4


この感じ 、ちょっと伊万里っぽいですね。
中国や日本の陶磁器が輸入され、上流階級にもてはやされ、その流れを受けてマイセンに工場が建てられたのが1710年ですから、ちょうどその頃に一気に出回ったものかもしれません。
160703 jägdschloss5


2階にもたくさんの部屋があります。ほとんどの部屋にピアノが置いてあります。
160703 jägdschloss7

160703 jägdschloss6


やはり、当時の館主は音楽好きだったのでしょうか、親交のあったというブラームスが贈った楽曲(合唱とオーケストラ)の直筆の楽譜がありました。
160703 jägdschloss9

160703 jägdschloss8

160703 jägdschloss10

雨が上がって、日が射してきたので、次はリン城へ。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2016/07/09 10:12 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1936-e8281b35