久々の二千円札 

おーちが明日から修学旅行を兼ねた研修旅行で日本へ行きます。

ということで、こちらの銀行で日本円を用意してもらったんですが、その中に、懐かしの二千円札が!
毎年、帰国していますが、少なくとも関東近辺では見たことがありません。(よね?)

160926 2000yen


沖縄では普通に流通しているという話を聞いたことがありましたが(首里城の守礼門が印刷されているためか)、在住の友人によれば、現在は以前ほどではなくなっているそうです。

かなり「鳴り物入り」という感じで導入されたように記憶していますが、その後ぷっつり…
なんらかの事情があるのか、新しいもの好きの日本人にしては、珍しい事例ではないでしょうか。


さて、今回のおーちの日本行きですが、最初に書いた通り、修学旅行を兼ねた研修旅行です。
おーちの学校では、毎年、12年生(最終学年)の初めに、この旅行が企画されます。行き先は全員が同じというわけではなく、3〜4ヶ所設けられ、通常、ヨーロッパが主です。

なぜそれが、日本になったかというと…

実は、今回日本へ行くのは生徒15人(+先生2人)なんですが、これ、宗教学(カトリック)のクラスのメンバーなのです。

昨年、クラスでの研究発表授業で、おーちが日本の宗教についてざっとプレゼンをしました。
教会で結婚して、お宮参りをし、除夜の鐘を鳴らして初詣に行き、お寺でお葬式…ということもあり得るのだ、みたいな。

その時に、一昨年の夏に家族で行った京都や広島の写真をスライドで見せたところ…(これを使えば時間稼ぎになって楽、という目論見もあったんだと思う。笑)

「日本、行ってみたいね!」という話になり、先生も乗り気で一緒に盛り上がり、姉妹都市である熊本市の学校との交換プログラムとして計画し(熊本市内の県立高校と姉妹校の提携も結んだ)、両市の援助をいただきながら、なんと実現してしまった、ということなのです。

まず、昨年10月には、熊本から姉妹校の生徒さんたちがドイツに来てくれました。
で、今回は、こちらからの訪問となります。熊本ではホームステイさせていただくことになっています。
(「好き嫌いが多くてそれが当たり前という感じの子が多いから、なんかやだな」と、ステイ先を気遣って気をもむおーちです)

もちろん、熊本のほか、東京、京都、奈良にも滞在します。
おーち、日本語は問題なく使えるので、少しみんなの役に立てるかも。

ドイツの高校生たち、どんな体験をし、どんなことを思うんでしょうね。
少しでも日本を好きになって帰ってくれればいいな〜。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/09/27 12:02 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

なんとも羨ましい修学旅行ですわー、
ドサクサにまぎれてワタクシも同行したいくらいです。爆
麻さんのお嬢さんは今回さしずめ 皆さんの頼れる添乗員、
ということでよろしいんでしょうか。楽しい経験になるといいですね!!
[ 2016/09/27 16:34 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
いいですよね〜!
ジャパンレイルパスでの旅みたいです。新幹線の時間の正確さにはビックリするでしょう。頼れる添乗員かどうかは「?」ですが、少なくとも熊本の学校からは「よかったー。ちょっと安心」という声をいただいているようです。
未だに地震もあり、台風もまだまだ気を抜けない感じですが、楽しんできてほしいと思います。
[ 2016/09/27 20:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1956-6e781add