どちらもまたよし 

ふぇが、仕事で訪れたイタリア・ピサで、お土産にカントゥッチーニを買ってきてくれました。
日本だと、「ビスコッティ」と呼ばれることが多いですかね。

アーモンドなどが入った生地を、まずなまこ型(?)に焼き、切り分けたあとにもう一度焼いて仕上げる、歯ごたえのあるお菓子です。
日本の方には「おいしいけど、ちょっと歯が…」と言われるくらい、ガリっとハードです。笑

さて、下の写真、右のものと左のもの、ちょっと違うのがわかるでしょうか?
左の2つが、一般的なカントゥッチーニですが、右の2つは少し厚いのです。
161006 cantuccini

これ、どちらもカントゥッチーニなのですが、右はソフトタイプ
カントゥッチーニは、もともとこのあたり(トスカーナ)のお菓子だそうで、地元ではバリエーションがあるんですね。
どちらもそれぞれ、おいしいのです♡

地元の人がたくさん買って帰るというこの店のカントゥッチーニ、量り売りなんですが、この2種類が袋にガサッと一緒に入っていました。

持ち帰った日には、ハードタイプはガリっと、ソフトタイプはホロッとしていたんですが…
翌日には差が縮まり…結局、同じような食感になってしまいました。笑

それはそうですよね。ソフトタイプの湿気は奪われ、ハードタイプは湿気を吸収していきますからね。

「日本だったらこういう場合、別々にするよな。で、ハードタイプには乾燥剤が、ソフトタイプにはエージレスなんかが入れられるんだろうな」などと思ったわけですが、なんか、それじゃイタリアじゃないんだよな〜、と。

最善を尽くし、出来立てそのままの状態をキープして(しかも見た目にも美しい状態で!)お届けする、という日本らしい姿勢ももちろん評価できるんですが、イタリアの街角のお菓子屋さんの「できたてだから、早く食べちゃってくださいね」みたいな、できたものをみんなでわーっと食べましょう的なおおらかさ、楽しさもまたいいものです。

ハードタイプもソフトタイプも、日本もイタリアも、「どちらもまたよし」なんだなー。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/11 10:15 ] | TB(0) | CM(2)

ご無沙汰しています。違いはあるけど、どちらもいい、って思えるのはいいことですね。なるほど、と思いました。
おーちちゃん、無事に帰って来られてよかったです。台風、心配してましたが大丈夫そうでしたね。
[ 2016/10/11 21:25 ] [ 編集 ]

v-22 linさん
お久しぶりです。いつもそうは思えず、「あーもー!」と違いに困ることのほうが多いんですが…笑
幸い、台風もそれてくれて、大きな地震もなく、無事に帰って来ることができました。今年も各地で自然災害の被害が出ているようですね。阿蘇も心配です。
[ 2016/10/12 09:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1963-d1d92b53