バナナの皮、どうする? 

おーち、今年は高校も最終学年。来春にはアビトゥーア(高校卒業資格試験)の受験が待っています。

ドイツ語の試験は6時間の長丁場、ということで、それに慣れるためもあって学期中の試験も通常より長い4時間としています。

ぺいの時にも書いたことがありますが、時間が長く、ものすごく集中力を使うためか、途中、低血糖などで倒れてしまう生徒さんもいるのだそうです。

そうならないための対策として、軽くつまめるものを用意しておくことが推奨されています。

おーちも用意していきましたよ。さて、なにを持って行ったでしょう? 

バナナです。まあ、普通に思いつくもので、他にも何人かいるんじゃないかと思いますが、試験中にみんなでバナナをもぐもぐしているのを想像するとおかしいですね〜。

で、今朝、私はそのバナナを紙ナプキンに包むか、袋に入れるかでちょっと迷ったのでした。
食べた後の皮を入れるのには袋のほうがいいかな、と思ったのです。

でもおーち、「食べたらそのままゴミ箱に捨てに行くからいいよ」と。

試験中でもゴミ捨てに立つのは構わないのだそうですよ。
しかも、分別しなければならないので、袋に入れたりするとかえって面倒なのでしょう。

小さなことですが、いまだに「ところ変われば」だなあ、なことがあります。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/10/27 09:39 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1976-00d708ad