まったくもー@ドイツ 

久しぶりに、「まったくもー!」なできごとが。

わが家の給湯&セントラルヒーティングを一手に引き受けがんばってくれているボイラー、年に一回の検査で、毎年「庫内の温度が高い」という指摘を受けます。

何度かヒーティング周り専門の業者さんにみてもらっているんですが、特に何もせず「動かなるまでこのまま使いましょう」とか言われて終わり。

ボイラーだけの問題ではなく、ポンプ、そして配管にも問題があり、作られたお湯が最適な状態で循環されないため、室温が上がらず、ボイラーが必要以上にがんばる…という悪循環のような気がしています。

今まで来てもらっていたところでは埒があかないので、すぐ近く(歩いて1分)のところにある同業者さんに行ってみました。

ところが、「うちでは扱ったことのないボイラー(のメーカー)なので…」と断られ、同じ地区のもう少し大手の業者さんを紹介されました。

ここがまた、電話では「担当者がいない」とかなんとかで話が全く進まないので、ふぇがそこまで出向いて、やっっっと予約が取れたのでした。

水曜日の12:00〜14:00に来てくれることになっていたのですが…

14:30になっても誰も来ない。ふぇはお昼ごはんを食べがてら、仕事を抜け出して帰っていたのです。

で、電話してみると…

「あー、今日は行けるか行けないかわからない。行けなかったら、また連絡する」と。

ふざけるな! ですよねえ!
なんらかの事情で、遅れるとか来れないというのはわかりますよ。でも、そういう場合、電話してきてもいいでしょう。
もちろん、すみませんも何もなし。

で、もちろん、その日は来ませんでした。

そして! 現在、金曜の夜の時点でまだ音沙汰なし。 ということは、土日に連絡が来るはずがないので、早くて月曜。というか、もう連絡来ないような気がするー。

またイチから、業者さん探しかなあ。あー、疲れる。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/11/04 21:35 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

それはひどいですねー。フランスでもありましたが、ドイツでもですか...これから寒くなりますし、早く解決するといいですね。
[ 2016/11/06 11:04 ] [ 編集 ]

v-22 kyoさん
お返事遅くなりました。まあ、どの国でも人によってということなんでしょうけど、でも、「これが許される度」のラインが違いますよねー。
[ 2016/11/08 01:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1979-da9d232a