久しぶりのJAL 

ご無沙汰しております!
どんより湿度が高く、どんどん気温が下がっているドイツをしばし脱出し、日本に来ております。

今回は、久しぶりのJAL。
はじめてボーイング787に乗りました!

従来機に比べて気圧の差が少ないとか、湿度が下がりにくいと言われていますが、やはり、心なしか改善されたような気がします。

でも!一番「へえええ!」と思ったのは、窓。
いくらか大きくなり、「電子シェード」になっているのです。

電子シェードとは、窓の下のスイッチを押すと、窓ガラス自体の色味が変化して、光を遮ってくれるものです。
何段階かに調節できるところもとても便利。
(ということで、シャッターのように上下するシェードはついていません)

8月にふぇが仕事で日本に来た時も787で、やはり「窓がおもしろいよ」と言っていたんですが、話を聞いてもいまいちピンとこなかったんですよ。

今回、写真を撮ってきましたのでご覧ください。

こちらが、電子シェードが解除された状態。通常の窓と同じ感じです。
161106 jal2

そして、こちらが目もり半分ぐらいまで暗くした状態です。
青っぽく見えますね。
161106 jal

これで、眩しくはないけど外は見える、という状態になるんですよ〜。
おおお!すごい。と、感動したりしてますが、そのうちこれがスタンダードになっていくんでしょうね。^^

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/11/10 02:52 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

ああっつ!

夏にANAに乗って親子ですげーすげーとイジリ倒した電子シェード!爆 長年ルフトハンザに乗っていますがお目にかかったことがないんですよね~。そうですかお郷帰りなのですね、 お風邪などひかれませんようご無事で!
[ 2016/11/10 19:13 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
話に聞いていても、実際やってみると「おおお!」となりますよね。笑
関東も木枯らし到来で寒くなったと言われていますが、実家はモワーッと暑く感じて…ドイツ化したのかなあ。
[ 2016/11/12 01:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1980-20e2f801