スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今度は反対側の下… 

反対側の下、と言われても、なんのことかわからないですよね〜。
このところ、「いいこと」とはだいぶ離れ、ネガティブな話題が続いておりますが、またもや!なんですよ。

「えー、またあ?」と言わず、お付き合いくださいませ。

反対側の下、というのは、のことなのです。

9月に口腔外科で右上の奥歯のオペをしたばかりなのですが、
→ 「奥歯のトラブル」
→ 「奥歯の治療終了です」
→ 「抜糸しました!が…」

今度は左下の奥歯に問題が。

歯茎の下に埋まっている親知らずが横を向いていて、隣の臼歯を押し、なんとその臼歯が壊れてしまったのでした!
いや、びっくりしましたよ。痛みも違和感もなにもないところに、だったのでね。

まだ、臼歯の横に小さな穴が空いているという状態で、崩れ去ったわけではないのですが、早急に処置をしなければならなくなりました。

今日、とりあえずどんなことになっているのか見ましょう、というので行ってきたんですが、診察室に通されて、椅子に横たわって待っていると、例の江戸っ子っぽい女医さんが入ってきて、

「あーまた来た」とか言って、呆れている… 涙  こっちだって来たくなかったデスよ

でもまあ、いつものようにサクサクと説明してくれて、同意書にサインをさせられ、あっさり終了。

「だいたいどのくらいの時間がかかると思われますか?」と、おそるおそる聞いてみると、(前回2時間がつらかったので…)

「今度はまあ40分ね。前回みたいにはかからないから」と!

「ふー、よかったです」
に付け加えて、「先生のためにも!」と言ったら、カラカラ笑ってました。先生、前回は疲労困憊でフラフラになり、その後、ひどい風邪でダウンしてしまったのでね。

ということで、再来週、また口腔外科でのオペになります。クリスマス前には回復しそうなので(するよね?)、いいタイミングだったかな。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2016/11/25 21:23 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/1985-f1e71d7a












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。