春の気配@森 

寒さの続いた1月でしたが、今週に入ってからはプラスの気温になってきました。
(が、天気が悪くなり、雨 …)

近くの山の雪も解けてしまうだろう、と、先週末、ギリギリで雪の森を散歩してきました。

1月の半ば、気温がマイナス10℃近くまで下がった時には、 木の枝に空気中の水分が氷着する「霧氷」が見られましたが…
1701 muhyou

もう霧氷はなくなり、少しだけ日差しも春の気配。
170128 königstuhl1

この時期、大木が密集しているところでは、間伐作業が行われています。
切ったばかりなのでしょうか、辺りに木の香りが漂っています。
170128 königstuhl2

凍りついていた湧き水も、少しずつ流れ始めました。
170128 königstuhl4

軽い散歩のつもりが、結局、8kmに。^^;

山の上から見下ろす霞んだハイデルベルク市街。
170128 königstuhl5

まだまだ寒さは去りませんが、鳥のさえずりもこれまでと違い、春が近いことがわかります。
もう今週は春分ですもんね。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2017/01/31 10:56 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2006-1afe6c11