スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マルタってどこ? 

あー、マルタ。マルタ島でしょ。聞いたことある。EU加盟国だよね。

と、この程度の認識だったワタクシ。日本でもこんな感じじゃないですかね。旅行先としてもまだまだメジャーではないですね。

まず、どこにあるかというと…
イタリア・シチリア島の南 約90kmに位置します。
チュニスよりも南なんですね〜。

1702 europe malta


マルタは主に、マルタ島、ゴゾ島、その間のコミノ島で成り立っています。面積は東京23区の半分ほど。
今回、私たちが訪れたのは、マルタ島のヴァレッタイムディーナマルサシュロックです。

1702 map malta

ヨーロッパ地図を見ると、「地中海のへそ」と言われるだけあって、かなりの紆余曲折があった場所なんだろうな、と想像できますが…

まず、7000年前には人類の定住の痕跡があったのだそうです。(シチリアから渡ったと考えられる)
紀元前3000〜4000年の巨石文化時代に作られたとされる神殿は島のあちこちに今でも残っています。

その後、ざっくり言うと、

→ フェニキア人(現在のレバノンのあたりにいた民族)
→ カルタゴ(フェニキア人の国)
→ ローマ人(キリスト教の伝来)
→ ビザンチン帝国
→ サラセン人(ムスリム)
→ シチリアによってサラセン人より解放
→ 聖ヨハネ騎士団(キリスト教聖地防衛の騎士団。のちのマルタ騎士団)
→ オスマン・トルコ(マルタ騎士団が撃破)
→ ナポレオン
→ イギリス
→ 晴れて独立

と、書き出すだけでもけっこう疲れる歴史が。 …「大河ドラマ」何本でも書けそうです。


公用語は、英語(イギリス領でしたからね。でも、たぶんイギリスやアメリカよりもわかりやすく通じやすいと思う)とマルタ語
あと、イタリア語もあちこちで聞こえ、かなり通じます。イタリア語だけでもなんとかなるんじゃないかな。

マルタ語というのは、イタリア語(シチリア方言)やアラブ語から来ている言葉が多いのですが、文法的にはアラブ語に近いそうです。
言語好きなふぇが買った マルタ語の新聞。
「ħ(大文字はĦ)」とか、おおお!と思いますよね
1702 giornale malta

信仰はカトリックが95%以上。
なんと、最近まで「離婚」が認められておらず、いや、正しくは「離婚の法律上の手続きが存在せず」←もっとすごい、2011年にやっと法律が制定されたとのことです。

さてさて、次回は古都イムディーナをご紹介します。

⇩ 応援クリックよろしくお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/02/08 12:34 ] おでかけ | TB(0) | CM(2)

ウチの旦那の母方ファミリ-はマルタに由来を持つようです。いつシチリアに渡ってきたのかはあやふやなのでたぶん曾祖父以前だろうということですが。言語も違うとは知りませんでした!新聞を見る限りイタリア語と親戚みたいですね。。
[ 2017/02/08 14:10 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
そうなんですか!マルタ、いいところでした。
マルタ語、発音の感じはアラブ語っぽいですが、ところどころancheとかperòとか入ってきたりします。
観光するにはこの時期が一番いいかもしれません。シチリアと同じくちゃんとした暖房がないので家の中は寒かったですが…
[ 2017/02/08 19:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2012-e1121643












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。