スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初・ちぎりパン 

しばらくパンを作っていないな、と(というほどやってはいなかったけど)、前から作ってみたいと思っていたちぎりパンを焼いてみました。

初めてなので、まずは中身は入れずにシンプルに。^^;

一次発酵まではホームベーカリーにお任せです。

↓ この順番に材料を入れています。 21cm角型1つ分です。

牛乳 240ml (アメリカの1カップだからまあこのぐらいかな)
塩 小さじ1弱
小麦粉 300g (今回はピザ生地用小麦粉を使用)
砂糖 大さじ3
ドライイースト 小さじ2


スイッチを入れ、だいたい全体がまとまったあたりで、バター25gを少しずつちぎって落とします。

一次発酵が終わったら、打ち粉をふった台(うちはまな板…)に生地を取り出して、16分割します。
試しに量ってみたら、なんと!ちょうど600gになったので、いつもは「テキトーでいいや」なんですが、今回はきっかり16等分を目指し、量りながらカットしました。ひとつがだいたい37-38gになります。

16こに丸めた生地を15分ほど休ませます。

再度ガスを抜いて丸め直した生地を、型に適度に間が空くように4×4に並べます。

40℃ぐらい(目もりないのでなんとなくそんな感じ)に温めたオーブンで30-40分二次発酵。

いい感じになってきました。
170228 chigiripan1


なんかカビが生えているように見えますが、小麦粉を上からふったところです。
170228 chigiripan2


170℃のオーブンで15分ほどで焼き上がり!「おおお、それっぽーい 」と、自画自賛。^^;
170228 chigiripan3


引きもまあまあな感じ。
170228 chigiripan4

ドイツのパンもおいしいですが、こういうふわふわなのもやっぱりいいですね〜。朝食やおやつにはぴったりです。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/06 07:33 ] | TB(0) | CM(2)

これは美味しそう!
ふわふわ感が画面から伝わってきます。
僕も久しぶりにパン作りをしたくなってきました。
[ 2017/03/07 02:03 ] [ 編集 ]

v-22 mossaさん
こちらの小麦粉はグルテンの量で「強力粉」や「薄力粉」と分類されるのではなく、灰分量によって分かれているようで、今ひとつ「引き」が少ないかな、という感じなのですが、思った以上にふわふわに出来上がって嬉しかったです。
手作りパンのお弁当もいいですね♪
[ 2017/03/07 09:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2025-9a4d9891












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。