スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エラー切手 

先週末の地域情報誌に、昨年2016年のドイツのクリスマス切手に関するニュースが。

170304 francobollo

写真の白丸で囲った部分に間違いがあるのです!
上に小さめに載っているのが正しい切手です。

まず、(正)jul (誤)Jul
そして、(正)kerstfeest  には、(誤)Kerstfest という2つの間違いが…

それぞれ、デンマーク語とオランダ語だそうです。

ドイツ語は、名詞は文中にあっても大文字で始まるという決まりがあります。
ということで、「クリスマス」 を表す 「Jul」 と 「Kerstfeest」 を大文字で表記してしまったようです。
「feest」 は、ドイツ語の 「fest」 に引きずられたものと思われます。

でも!名詞の大文字表記については、ちょっと弁解できると思うんですよ!

なぜなら…
通常、名詞の頭文字が文中で大文字にならない 英語イタリア語フランス語 ですが、「クリスマス」を表す語の頭文字は常に大文字なのです。
Merry Christmas も Joyeux Noël も Buon Natale も最初の文字は大文字で表記されます。

だから、みんな大文字にしてしまったけれども、実はデンマーク語とオランダ語はフェイント(?)だったということでしょう。

ところで、この記事のメインの話は、この間違いではないのです。


このエラー切手、11月2日に発売されてから、エラーが見つかり回収される11月30日まで販売されていたそうなんです。
その時期ですから、まだそれほどは出回らず、もちろん希少価値が…で、値段が高騰!

なんと! 元値70セント(約85円)の切手が、1,187€(約142,000円)で取引されたのだそうですよ。

もー、残念!!
うちでは、毎年、この「クリスマス限定切手」を使っていたんですよ。

でも、クリスマスカードのほとんどがドイツ国外宛てで、70セントでは足らず、少額切手をベタベタと貼り足さなければならないのが面倒で、一昨年からインターネットで自宅で印刷できるバーコード切手にしてしまったのでした!!!

60通は出してるし、だいたいは多めに切手を買ってるから… あああ、買ってたらなああ。


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2017/03/10 07:52 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2026-35918f5c












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。