地ビール限定グラス 

先週末は、近くの広場で春のお祭りがありました。
といっても、屋台がいくつか並ぶぐらいのものですけどね。

ほぼ散ってしまった桜ですが、咲いているひと枝を見つけました。後ろの新葉もきれいですよね。
170401 sakura

お昼過ぎにふぇとふたりでふらっと出かけて、まずはソーセージ&ビール。
毎年、これで「春が来たなー」と実感します。 
夏でも秋でも冬でもソーセージ屋台はあるんですけどね
170401 kerwe

フライドポテトはひとつ頼んで分けるつもりが、なぜか2つ来てしまいました。普通に食べちゃったけど。へへ。

さて、ちょっとグラスに注目してみてください。
地ビール「ハイデルベルガー」のオリジナルのグラスですが、これさらに特別限定バージョンなんです。

わかりにくいのでもう一枚。
170402 hd 2017 birra

私たちの住むキルヒハイム地区というのは、ハイデルベルク市内ですが、古くは独立した町でして、今年(2017)は、町ができて1250年 という記念の年なのです!

正しくは、公文書に町の名前「Kirchheim」が初出したのが767年、ということで、もっと前から存在していた可能性が高いそうです。
ハイデルベルクよりも歴史が古いのですね。

通常、屋台でビールや飲みものを注文すると、Pfandという料金が追加され、グラスやカップを返却するとPfand分が返金されるという仕組みになっています。今回、Pfandは3€。

でも、このグラス、記念にぜひほしくなり… もともとこのハイデルベルガーのオリジナルグラスが好きで、どこかで売っていないかな、と探していたんです。今回はさらに限定バージョンですからね!

クリスマスマーケットの屋台のカップなどは毎年デザインが違うのでコレクターが多く、pfand分を返してもらわずにそのまま持ち帰るというケースも多いようですが、ビールのグラスでそれをしている人はあまり見たことがないので、一応、お店の人に聞いてみると…

「はいどうぞ!」と、なんと、棚から新しいグラスをおろしてきてくれました!

というわけで、これからは家でもこのグラスが使えます 300mlというのもちょうどいい大きさなんです。
実は、ハイデルベルガービール自体はあまり評判がよくなく(特に若者には不人気とか)、うちでも少し離れた町のビールを好んで飲んでいるんですが、それは秘密。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2017/04/05 08:50 ] モノいろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2036-5cd7efa3