ヴァルトマイスター 

アウエルバッハ城のまわりを散歩していたら、こんなかわいらしい花に出会いました。
真っ白な4枚の花片(正しくは漏斗形が4つに分かれている) がなんとも可憐で、きれいに並んだ掌状葉も美しい。

170430 waldmeister

家に帰って調べてみると、これWaldmeister(ヴァルトマイスター)だったのです!
ヴァルトマイスターは、ドイツ在住の方はだいたいご存知ではないですか?

ヴァルトマイスターとは、直訳すると「森の巨匠」みたいな感じになりますかね。
なんか、全然可憐なイメージではないですね。
英語では「Wild baby's breath」というかわいらしい呼び名もあるようです。

これ はゼリーなんですが、他にも各種お菓子やソフトドリンク、リキュールなどに幅広く使われるハーブです。ヴァルトマイスター風味のビールなんていうのもあります。
170503 waldmeister dr oetker

独特の甘く爽やかな香りがあるのですが、これは「クマリン」という桜の葉にも含まれる成分によるものなのだそうですよ。

…と、知っていたかのように書いていますが、なんとわたくし、これまでヴァルトマイスターというのはいわゆる「商標」だと思っていて、どちらかというと「わざとらしい色の得体のしれないもの」と、敬遠していたのです。

まあ、この独特の鮮やかな緑色は着色だそうなので、やはりそれほどファンにはならないと思いますが、あのかわいらしい花由来のものだと思うと、親近感がわきます。

ちなみに、日本では「車葉草(クルマバソウ)」として知られているようです。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/05/03 08:41 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2047-b1e9ba45