治療+α 

3月ごろから、左の耳に異変があったのです。
とにかくパサパサ乾燥…外耳道の表皮が、薄くつるつるになっているような感じ、というかね。

そうこうしているうちにかゆみが出てきまして、耳かきはよくないと知りながらも、どうしてもいじってしまうのです。
真っ白で片栗粉みたいな粉状のものがとれます

早く受診したほうがいいかなあ、と思いつつ、聞こえが悪いとか痛いということはなく、かゆみも常にあるというわけではなかったので、延び延びになってしまいました。

それが、5月に帰国した時に急に悪化!かさぶたのようなものができ、耳のまわりを押すと痛みが出るようになりました。

そこで、なじみの耳鼻科医院へ行きました。
私は小さい頃から耳鼻科のトラブルがなく、弟や父(風邪を引くとそこへ行った。笑)が通っていたところなのですが、私もなぜか大好きな場所でした。
ぺいが小さいころ、帰国中にアレルギーの症状が出た時にもお世話になったんですよ。

ところが、こちら…私たち以外に患者さんがいるのを見たことがないのです…
まず、場所がよくない。古くからの住宅地の路地(それもかなりさびれた感じの…)にひっそりとあるのです。

えーと、こちらがT耳鼻科の駐車場です。
1706 ent
ね?ちょっと…でしょう?

そして、こちらが待合室。 The 昭和
1706 ent 2

若いお母さんがこどもを連れて、こぞってやってくるかというと、んー、ですよね。

建物も、普通の一軒家を一部改装した、というような感じで、患者さんが入ってきたな、とわかると、2階からドタドタと音を立てて先生が降りてくる仕組み(?笑)です。

で、またT先生、やたらと声が大きのです。待合室にいる人だけじゃなく、外を歩いている人にまで、すべて丸聞こえ…
現代の風潮に各方面で見事に逆行している感じです。


でもでも!このT先生、私は名医だと思うのです。
まず、問診が的確で、こちらが困っていることをすぐに把握してくれる。
今回も、痛みの様子や場所をいろいろな表現で質問してくれて、耳鏡で鼓膜の様子も確認し、「鼓膜はとてもきれいだから、ま、外耳炎でしょう」という診断でした。

耳を引っ張ったり、枕に当たったりするとかなり強い痛みがあったのですが、「じっとしていれば痛くないというのであれば、抗生剤ではなく、消炎剤(塗り薬)でいいでしょう。もし、3〜4日経っても痛みが取れないようなら、また来てくださいね」ということでした。

昨今、「とりあえずこれで」という感じで抗生剤を出すお医者さまが多いように思うのですが、T先生は本当に必要な時しか出しません。
以上、あくまで私感です。お医者さまと患者は「相性」もあるので、「私はダメ」とか「早く抗生剤出してほしい」という方も当然いらっしゃると思います

そして、先生もさることながら、受付をされている奥さまが、地味ながらもすばらしい方で!
この天衣無縫な先生をうまく支えて、ご自身の仕事を全うされている、という印象です。
そしてまた、「そういう私ってすごい」的なにおいが全然漂わないところがすごい。
このような人に生まれたかった… ←とか言ってる時点でアウト

帰り際に「息子さんはもう大きくなられたでしょう?かわいかったですね」と聞かれ、ジーンときました。
もう10年以上前に一度診ていただいただけなのですよ。

頭も心もからだも疲れている時で、なんとなくスッキリしない気分だったのですが、先生や奥さまとのなんでもない会話が栄養ドリンクのように効き、元気になって帰りました。

結局、外耳炎のほうは塗り薬ですっかりよくなってしまって、再度診てもらうことはなくドイツに戻ってきてしまいましたが、また行きたいです☆  …と思わせる病院ってなかなかないですよね。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/07/03 09:42 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

絶滅危惧医院

私も扁桃腺を腫らす子供だったので
熱が出たりすると
その町医者にとんでいきました
あんなにも痛かった喉も
医師の消毒処置をされると、スッと引いたものです。
そこも
奥様が看護師?をしてみえて
注射するときの補助をされていました。
とても、上品な方でした。
おそらく、もうお二人とも鬼籍に入られて
医院は跡取りもいないためか
取り壊されてビルになっていました。
もう一つ、昔ながらの町医者がありますが
こちらは
なんとか、繁盛(不適切)しています。

大学病院の主治医も話していましたけど
医院も自営業者なので
経営者として才能がなければ淘汰されるとのこと。
・・・だけども
良い町医者がいなくては
大学病院だけでは間に合わないのが実態ですもんね。
[ 2017/07/03 15:20 ] [ 編集 ]

v-22 プリュムさん
おっしゃる通りですね。そういう点から見ると、日本の医療は進歩していると言えるのかどうか疑問に思うこともあります。
大学病院は混みすぎですよね。母も定期的に受診していましたが「体調がいいから今日は行ける」という状態でした。検査からお会計まで、半日以上かかりますからね。

ところで、プリュムさんのブログにお邪魔して、何度かコメントをを試みたのですが、毎回、「コメント投稿が失敗しました」というページに行ってしまいます。

アーユルヴェーダの体質診断で、「ほぼ3つの間だが、どれかといえばKapha」と言われた、と書いてみたのですが…
[ 2017/07/03 16:08 ] [ 編集 ]

失礼しました

コメントの設定制限に
「国外IPbコメント」を許可しないにしていましたが
もしかしたら
これかもしれません。
一応、許可するにしてみました。
テストでも結構ですので、お試しください。
[ 2017/07/04 04:01 ] [ 編集 ]

v-22 プリュムさん
今、お邪魔してきました。今回はコメントできました!
また伺いますね。
[ 2017/07/04 10:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2076-649e2f09