特大キャベツ 

シュピッツコール(訳すと「とんがりキャベツ」)と呼ばれるこちら。

球状のものは、巻きが隙間なくしっかりしすぎていて使いにくく、こちらのシュピッツコールのほうが日本のキャベツに近い感じなので、だいたいはこちらを買います。

が!よく見てください!巨大なのですよ〜。 ということで、今回はパス
左隣にある赤キャベツが一般的なキャベツの大きさです。

170902 spitzkohl



このあたり、今日明日と大雨強風警報が… 
ピークはまだこれから、とのことですが、すでに道路には街路樹の枝が落ちているのが見えます。

日本でも、台風18号が連休にかけて縦断となる可能性があるらしいですね。
どうぞお気をつけください。


  ← 応援クリックお願いします!
[ 2017/09/13 09:05 ] | TB(0) | CM(2)

とんがり具合がハンパなくすごい!今日ス-パーで買ったキャベツもとんがり系(ここまでではないけれど、もしかして独のほうが進化してる?爆)もって帰るのが難儀ですね。笑 なんでこんな形になったのかしらん。
[ 2017/09/14 14:13 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
畑に「立って」いる状態を想像するとおかしいですよね。
かなりの重さと思われます。買う人いるのかなあ。
[ 2017/09/14 20:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2094-c27e5700