惜しいネーミング 

イタリア人であるふぇに、コーヒー(エスプレッソ)は欠かせません。

ドイツに引っ越すまでは、下に水を入れて粉を詰めたパーツをセットし、コーヒーのたまる上のパーツをきゅっきゅっと締めて火にかける"moka"と呼ばれるタイプを使っていました。

1710moka


次に、イタリアのバールにあるような、粉を詰めてセットして高圧で抽出するタイプ。

1710macchinacaffe


そして今は、「ネスプレッソ」を使っています。
カプセルがゴミになる、ということでドイツではいささか肩身の狭いネスプレッソですが、やはりおいしいそうです。

最近は、このネスプレッソマシーン対応の(互換性のある)カプセルが、各社から出ていますね。
カプセルの形状については寸分たがわず作ることも可能なのでしょうが、本家のようにピタッといかないようにちょっっっと変えるというのがミソなんでしょう。
何種類か試してみましたが、どれもしっくりいかないけどなんとかなる、といった収まり加減です。

味のほうは、お手頃価格のものはそれなりで、これはなかなかいいというものはネスプレッソとそれほど値段が違わないので、最近はネスプレッソに落ち着いています。

と、ここまでが前置きでして… 長くてすみません


ちょっとした興味から、日本のネスプレッソはどうかな、と思って調べてみました。
「ミラノ」とか「パレルモ」など、期間限定のものもあるんですね!こちらで買えないのが残念です。

そして、他社の「ネスプレッソ対応」というカプセルもやはりありました。

その中のひとつに、「Cafesso」というブランドがありまして…えーと、ぷぷっと笑ってしまったのですよ。
イタリア関係者の方はおわかりかと…

これ、たぶんイタリア語の 「カフェ(正しい発音はカッフェですが)」 と 「エスプレッソ」 を組み合わせられたもので、なかなかシンプルで秀逸だと思うのですが、実は、イタリア語には「fesso=フェッソ」というあまりよろしくない言葉がありまして…

意味としてはまあ、「ばか」なんですが、イタリア語には、その内容とレベルによってバラエティ豊かな「ばか」が取り揃えられてございますの。ざっと10こぐらいは思いついてしまいます

fessoというのは、どちらかというと、「まぬけ」寄りのソフトな(?)語感のように思います。

例えば、鍵を室内に置いたままオートロックのドアを閉めてしまった人などに、「Che fesso...(ケ・フェッソ)=ばっかだなー」と言ったりします。 

今、問題となっているあおり運転をするような輩は、「Co******!!」と浴びせかけられるでしょう。
これはかなりラディカルで、日本ならBPOの審査が入っちゃうかも、な感じです。


Cafesso、なんとなく応援したくなります。今度、買ってみようかな。

⇩ 応援クリックお願いします!
banner-tsuta2013
[ 2017/10/19 08:28 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

おおおお(^O^)

その電気を使わない直火のMOKAに心惹かれました!

早速、あまぞんで検索したら二杯分が三千円余で
販売していました☆彡
一応、リストにあげておきました(まだ買わない)

使用されていて
不便なところはありましたか?
参考にお聞かせください
[ 2017/10/23 13:30 ] [ 編集 ]

v-22 プリュムさん
おおお!お目に留めていただき嬉しいです(イタリア人に代わりまして…)。
味的には店で飲むようないわゆるエスプレッソとは少し違ったものができます(特に最初の何杯かはあまりおいしくないと聞きます)。
火にかけると、ほどなくぽこぽこと音がしてきて、辺りにコーヒーの香りが充満する…そんな時間を楽しむにはぴったりです。
あと、底面積が小さいので、通常のガスの五徳だと据わりの悪い場合があります。
写真のものは、アルミ製で(これが元祖)いまだによく使われていますが、ステンレス製のほうが扱いやすいかもしれません。
ご参考までに。

[ 2017/10/23 14:37 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

なるほど、ステンレスもあるのですね
最初のうちは金属が影響しているかもね!(;^ω^)
[ 2017/10/24 10:27 ] [ 編集 ]

v-22 プリュムさん
多少、茶渋がついているぐらいの感じがいいのかもしれません。^^;
[ 2017/10/24 12:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2110-633ecad0