FC2ブログ

右?左?それとも? 

ロンドンで目につくもの。
これは横断歩道なんですが、Look rightとかLook leftと書いてあるところが多いのです。

180313 right left


アメリカやヨーロッパのほとんどの国は車は、イギリスや日本とは反対の左ハンドル右側走行なので、特に信号のない横断歩道では、「右に注意(右から車が来る)」「左に注意(左から車が来る)」と注意喚起しないと、旅行者は危険なのでしょうね。

日本人にとっては、イギリス以外の国が「反対」となるので、ヨーロッパやアメリカを旅行するときには要注意ですね。(特にこのように道路に注意書きがないし)

「そうか、反対なのか」とわかってはいても、意外と「あれっ?」となります。
普段、意識せずとも(←これが危険なのです)、自然に自分が暮らしているほうに慣れてしまっているものです。

ドイツでもイタリアでもフランスでも、横断歩道のない場所で道路を渡ろうとしてひかれそうになっている日本人らしき人を見たことがありますが、本当に危険です。私も20年以上前に初めてフィンランドに住むことになった時には、しばらく気をつけていました。

ところで、みなさまお気づきでしょうか。
この写真、よく見ると、真ん中に「Look both way」と書かれているレーンがあります。

ここは、どちらからも来る可能性がある、ということだと思いますが、これは歩行者だけでなく、車も気をつけなければならないですね。
時間帯によって、信号などで進行方向が変わるのでしょうか…ちゃんと見てくればよかった


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2018/03/27 10:17 ] おでかけ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2172-091d03d6