驚きの検問結果(追記あり) 

在ミュンヘン領事館より、メールマガジンが届きました。

ルートヴィヒスブルク警察本部のプレスリリース「アウトバーン・サービスエリアにおける薬物検問結果」という内容でしたが、これがショッキング!

引用すると…

バーデン=ヴュルテンベルク州ルートヴィヒスブルク警察は、3月28日(水)9時から17時までの間、A8号線サービスエリア「Sindelfinger Wald」において、交通警察官20人体制により、車両110台、運転手等148人に対する薬物検問を実施した。

 その結果、7人の運転手から、大麻、コカイン、アンフェタミンの使用容疑が判明した。ある運転手(32歳)の検査結果からは、コカイン、大麻、アンフェタミン、メタンフェタミンの全てについての陽性反応が検出された。
 また、車内検査の結果、2台の乗用車から、合計17グラムの大麻が発見された。

 これら7人の薬物使用容疑者については、交通違反処分として、罰金500ユーロ、点数2点及び1箇月の運転免許停止のほか、薬物取締法違反により刑事告発されることとなった。

 更に、薬物犯罪のほか、28人の運転手から、無免許運転、無車検車両運転、貨物車の過積載運転等の法令違反も判明した。


こ、こわっっっ!


そして、続きが…

本件プレスリリースによれば、車両110台中7人の運転手(約6.4%)から、大麻、コカイン、覚醒剤の使用容疑が判明したとのことです。

 また、南ドイツでは、日本国内に比べると、格段に多くの薬物犯罪が検挙されています。
(平成28年中の人口10万人当たりの薬物犯罪検挙件数は、日本国内との比較で、ミュンヘン約37.8倍、シュトゥットガルト約51.8倍、ハイデルベルク約40.7倍、カールスルーエ約38.2倍、ニュルンベルク約59.1倍でした。)

薬物が思いのほか巷に出回り、簡単に手に入る環境となっていることは知っていましたが、これほどとは!!
「みんなやってる。このぐらいなら…」という感覚こそが危険。

取り締まりはどうなっているのか?と、心配を通り越して不思議に思ってしまいますが…
テロの脅威にしろ薬物にしろ、このご時世、警察にばかり押し付けて、文句ばかり言うというのも酷なのかな、と、たまに制服のままスーパーで買い物をしている(巡回もかねてだと思うけど)警察官の素の姿を見ると、考えてしまいます。

追記)でも、これだけ検挙されてるというのは、取り締まりの結果でしょうか…日本のほうが実は野放しだったり、ということはないのかな、と不安…

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2018/04/11 12:54 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

うーん、ちょっとビックリです。
確かに薬物が野放しになっているのは知っていましたが、
薬物使用の運転手に対する懲罰も甘くないですか?
2点減点て10キロ以内の速度違反と同じのような…。

ドイツもフランスも陸続き。
簡単に大金を得られる薬物ディラーが益々のさばるのは、
金力支配社会の典型的汚点ですね。
[ 2018/04/14 20:16 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
甘いですよね。「薬物取締法違反により刑事告発」はもちろんですが、交通違反としても「免許剥奪」でいいかも。
法規に則って運転していても、こういう人たちのせいで事故になる可能性もありますしね。

>簡単に大金を得られる薬物ディラーが益々のさばるのは、
金力支配社会の典型的汚点ですね。

悲しい現実ですね。市場は思うよりも大きく、根は深いのでしょう。
[ 2018/04/15 10:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2180-69a9f00c