33年 

郷土資料館で見つけたこの写真。
1985年に撮影されたものです。

180603 foto1985

できたばかりのわが家が写っています。
近所も同じく、まだ、テラスも囲いもありません。

そしてなんと!驚いたことに、庭木もないのです。


現在の庭木、屋根の高さの倍ぐらいまで育っています。 
180602 albero

33年でこんなに育つものなんですね!鳥やリスも住人になりました。

いくつかの家族を守り、育んできたこの家。
小さかったぺいも、この家を買うときに独-英の通訳をしてくれた持ち主のお嬢さんと同じくらいの年になりました。

フランスから来てすぐの家探し、ずっと新しい物件という選択肢がいくつもあったにもかかわらず、最初からふぇも私も「ここだろうな」と感じていたのでした。
家にも「縁」ってあるんですよね。



さて、最近、ずっと空き地だった隣の敷地に、「まもなく工事が始まります」という看板が立ちました。いよいよ家が建つことになったようです。
新しい家にもたくさんの幸せがあるようにと祈っています。

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2018/06/05 09:49 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2202-4cef5932