FC2ブログ

一番の問題は… 

「長旅おつかれさま」 の続きです。

バッグがなくなっていることに気づいたおーち。
念のためお店の人に聞いたり、近くのゴミ箱を確認したりしたものの見つからず。

不幸中の幸いというか、携帯電話は手元にあって無事でした。 これは本当によかった
すぐに銀行のキャッシュカードを止め、警察へ。
窓口はみな忙しそうで、「オンライン被害届」を勧められたそうです 😅

さて、財布に入っていたものといえば…
現金15ユーロ(約2000円。旅行中にしては少ないが、まあよかった
銀行のキャッシュカード(無効手配済み)
健康保険カード
身分証明書(イタリアの) ←これはかなりまずいです。

身分証明書は常に携帯が義務付けられているもので、ヨーロッパ内ではパスポートと同じような扱いになります。
偽造されたりする危険性を考えると早急にイタリア領事館に届け出なければなりません。
幸い、最寄りの領事館がシュトゥットガルト。電話すると「届け出用紙をダウンロードして持ってきてください」とのことだったそうです。こちらも多忙のようでなかなか電話がつながらなかったとか…

もう一つ、この身分証明書について心配なのは、現住所としてわが家の住所が記載されていることです。
鍵も一緒になくなっているのでね。


が……鍵!そう、今回の件で一番の問題は、おーちの住む学生寮の鍵!!😰

学生証と学生用の定期券は、携帯電話のカバーの中に入っていて無事でした。
ということは、「シュトゥットガルト」にすらつながる情報はないので、場所が特定される危険はまずないとは思われますが、もしものことを考えると大問題に変わりはありません。
寮のすべての部屋(ざっと見ても軽く100以上)の鍵は交換しなければならず、もちろんその費用がこちらが弁償します。

わが家では Private Haftpflichtversicherung という、いわゆる「個人賠償責任保険」に家族として加入しているので、すぐに加入時の書類を確認!が、なにが具体的に補償されるのか細かいところはわからない…

そこで、この会社のサイトで調べてみると、補償の内容によってBasis、Klassik、Exklusivという3つのコースが。
そして、鍵の紛失による弁償についての補償は Exklusivのみ。

が!うちのには、「Komfort」と書いてある…😭 加入したのはだいぶ前なので、その後コースが改編されたと思われます。しかし、Komfortとはまた微妙な…掛け金的にKomfortなのか、補償がKomfortなのか。


仕方がないので、おーち、保険会社に直接問い合わせました。
すると!15000ユーロ(約180万円)まで補償!すぐにメールで請求のための書類が送られてきました。
珍しく 応対してくれた方がとても親切で、「そのコースはだいぶ古いものなので、新しいものに掛け替えるとだいぶお得になります」と教えてくれたそうです。


というような話をしているところに、なんとハンブルクの警察からおーちに連絡が!!

「こちらに紛失されたバッグが届けられました」 💕🎉🙌🏼😭

財布から現金は抜き取られているものの、身分証明書や寮の鍵などは無事だったとのことです。

ああああああああああ、よかったーーーーーー!と、おーちと狂喜しましたよ。


しかし。 この連絡が来たのは紛失から2日後のこと。
なぜ手元に戻るまで1か月以上かかったかのか… さらなる紆余曲折はまた次回!

 
  ← 応援クリックありがとうございます。
[ 2019/01/23 08:22 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

いや、良かったよかった。
読んでいてドキドキしました〜。
鍵交換費用、想像するだけでゾッとします。
盗まれたバッグが出て来るなんて
パリ近郊ではまず考えられませんが、
ドイツの盗人は良心的をなのでしょうか。
[ 2019/01/23 22:02 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
現金だけ抜き取りられてあとは捨てられるというケースがけっこう多いんだそうです。鍵は…怖いですね😰
このあとのドキドキ&イライラも「あるある」ですが、戻ってきて本当によかった!
[ 2019/01/24 08:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/2277-2abe57fb