FC2ブログ

クリスマス@ミラノ 

クリスマスをミラノで過ごし、ドイツに戻ってまいりました。
今回は、いつも家族が集まるときに使う郊外(ほぼパヴィア)の家ではなく、何年ぶりかでミラノ市内の実家へ!

結婚したころ、こどもたちが小さかったころ…たくさんの思い出のあるところです。言うまでもなく、ふぇにとっては生まれ育った家ですからもっと深い思いがあるでしょう。


さて、例年、パネットーネは正統派のものをいただきますが、今年はちょっと変化球で。
Perla del sud(南の真珠)と名付けられたこちらのパネットーネ、定番のレーズンやオレンジピールは入っていません。
食べてみると、甘みが強く、超しっとり。生地にマジパンとレモンピールが入っているそうです。

191226 milano9


「天気もいいし、せっかくミラノにいるんだから」と、ドイツに戻る日の朝、街を少しだけ歩いてきました。

まずはドゥオモ(大聖堂)。この写真の向かって左手には、ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエレIIがあります。
191226 milano1


こちらがガレリア・ヴィットリオ・エマヌエレII。有名店が並ぶ古いアーケード街です。
191226 milano gve


テレビなどでもよく紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが…
「かの部分にかかとをつけて3回転すると幸運が訪れる」といわれる雄牛のモザイク。
191226 milano3

かなり深い穴になってしまったため、2年前に修復されたそうですが、すでにかなり傷んでいる様子…😅


ガレリアを抜けた先にはスカラ座が。その前にはダ・ヴィンチがいます。
191226 milano4


スカラ座の前を通るトラム「1系統」、ミラノのトラムの中では一番古く、このクラシックな一両編成の車両は1928〜1932年に製造されたものです。座席は木製。まだまだ現役なのがすごいですね。
191226 milano5


ぐるっと回り道をしてドゥオモに戻る途中、パンツェロッティの有名店「ルイーニ」を発見。
パンツェロッティというのは、小麦粉の生地にモッツァレラやトマトなどの具を包んで揚げたもの。日本ではよく「揚げピザ」と紹介されているようですね。ちょうど休業日で残念でした。
191226 milano6


ルイーニのすぐそばに「MUSUBI」の看板。日本のおにぎり屋さんらしいです。こんな一等地におにぎりが!
あ、でもパンツェロッティとはいいコンビかも。
191226 milano7


と、1時間ほど散歩して、帰路につきました。

25日のクリスマスに続き、この26日も聖ステファノの祝日。
高速道路はがらがらです。😄
191226 milano8

600kmの道のり、渋滞はまったくなく、無事に家に到着しました。🇩🇪

 
 ←応援クリックお願いします♪
[ 2019/12/27 23:28 ] おでかけ | コメント(2)

あけましておめでとうございます!

今年も引き続きどうぞよろしくお願いします☆☆(^^♪

年越しの頃には、もうドイツに戻られていたのですね〜。
ルイーニ、普段から行列できて人気店なのに(いや、だからなのかもですが)けっこう人手がある時季にしっかり、ガッツリお休み取ったりしてますよね。夏休みとかはだいたいお休みですね。
ミラノで急いでいる時や日本食に行けない時などは、ルイーニで買ったりします(^^♪美味しいですよね〜。

ミラノのトラム、見るたびにいつかは乗る機会が来るのか?とは思うのですが、まだその機会は来ず、、(^^ゞいや、地下鉄で済むところや、土地勘がないとバスやトラムの場合どこで降りればよいかが難しいというのが理由なのですけどね。
[ 2020/01/03 09:47 ] [ 編集 ]

v-22 Jacquelineさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!😊
ミラノ中心部も昔からの店がどんどんなくなっていて(ここにもファストファッションの波が…)ちょっと寂しい気もしました。ルイーニがんばれ。😄
私も今はもっぱら地下鉄で、トラムに乗ったのは20年以上前でしょうか。
たしかに土地勘ないとかえって面倒で、地下鉄の駅から歩けばいいや、となります。
[ 2020/01/06 10:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する