FC2ブログ

便利なアルコール消毒液 

新型コロナウィルスについて、いろいろな情報が飛び交っていますね。

潜伏期間が長いことなどから、もはや「封じ込め」は難しい段階のように思いますが、各自が気をつけることによって発症のピーク時期を遅らせ、また感染者数も減らすことが、終息への近道ではないかと考えています。

でも、実際、「気をつける」とは……
これも諸説ありますが、とりあえずマスクをはじめとしたいわゆる「咳エチケット」は、自分が感染している場合に(自覚症状がない段階でも)ウィルスを撒き散らさないという点では有効かと思われます。
それから、丁寧に手を洗う。そして、手指のアルコール消毒も有効と言われていますね。
まあ結局のところ、既存のインフルエンザへの対策と同じかと。


ということで、今日はわが家で使っているアルコール消毒液のご紹介です。
*興味ある!という方は、改めてご自分でお調べになって納得の上、お試しくださいね。


ずっと、日本の「パストリーゼ」って便利だなあ、と思っていたんです。酒造会社が作るだけあって、口に入っても安心とのことだし。

で、ネットで探してみると、 「Trinkalkohol 96%」というものに行き当たりました。
200204 trink alkohol

そう、これ、ホワイトリカーのように果実酒や薬草酒を作るためのアルコール。しかも度数96%!
(このシリーズのBIOもあるようです)

アルコールは度数が高ければ高いほどいいというわけではないそうなので、これを有効とされる77%(パストリーゼもそうです)まで蒸留水で薄め、スプレー容器に入れて使っています。
先日の記事に書いたように、ここは水道水が硬水ということで、魚の水槽とか鉢植えとかアイロンのスチームに使ったりするために蒸留水はスーパーで普通に売ってます。

食品保存用の容器や(漬けものとか残りものとか😄)お弁当箱にスプレーしたり、冷蔵庫やキッチン周りをさっと拭いたり、なかなか便利!もちろん、手指の消毒にも使っています。

実は私、それほど衛生観念が発達しているほうではなく😅、そんなに抗菌・除菌と騒がなくても…と思っていたくらいなんですが、やはり気をつけるにこしたことはないですね。

 
  ← 応援クリックありがとうございます。

で…… ちらほら報道されているヨーロッパにおけるアジア人ウィルス扱い、フランスやイタリアからは実際に声が聞こえてきますが、このあたりではまだ聞きません。私も今のところそう感じたことはありませんが、今後どうなっていくのでしょうね。

私見ですが、やはり「得体の知れないウィルスが持ち込まれる」ことに拒否反応を示すのは当然のことに思えます。そして、それが今のところアジアからもたらされる可能性が高いわけですから、アジア人を警戒するのも理解できます。

ただ、問題なのは、そのことに便乗して排斥したり蔑視したり攻撃したりがエスカレートしていくことです。
社会的、または個人的な問題や不満やストレスが小さな泡のようにふつふつとあちこちで湧いていること、そして、それを自分より弱いものや少しでも瑕疵のあるものに発散するという卑怯なやり方を止められない(または止める必要がないと考える)、という空気こそ、警戒すべきことだと思っています。

新型コロナウィルスはそのカードのひとつでしかありません。
そして、それはヨーロッパに限った話ではないと感じています。

[ 2020/02/04 10:15 ] いろいろ | コメント(2)

この消毒液、
とても良さそうですね。
口に入れても大丈夫なのが嬉しい。

麻さんの書いてくださった事が、
私の混乱した頭の中をまとめて下さいました。
全くその通りだと心底思います。
残念だけれど既にフランスでは
不満分子達が愉快犯になっています。
そして反撃出来ないのは、
政治的な理由です。
[ 2020/02/05 09:39 ] [ 編集 ]

v-22 pcommeparisさん
共感いただけてうれしいです。
縁あって身を置くことになった社会が荒んでいく様子を見るのは、不安もですが、なんとも言えない悲しさがありますね。
[ 2020/02/05 19:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する