FC2ブログ

秋の名物といえば… 

よく行くぶどう畑🍇を散歩してきました。
日当たりのよい斜面は夏の暑さ!

そうは見えないけど、かなり急な坂です。
後ろを向いてパチリ。ちょっと休憩 😆
200913 schriesheim2


この夏は天気がよく暑い日が続いたので、もう収穫も終わってしまったかと思いきや、まだ残っている畑もありました。
200913 schriesheim1

暑くても空は秋ですね。
200913 schriesheim4


いつもはこの先までずっと歩くんですが、このあとすぐ街へ下りました。
200913 schriesheim3



今回の目的はこちら!もうだいぶ飲んだあとの写真ですみません
Federweißer(フェーダーヴァイサー)またはNeuerwein(ノイヤーヴァイン)と呼ばれる、ワインになる手前のぶどう果汁です。
この時期だけのお楽しみ♪
200913 schriesheim6

ポリタンクなんて……と思いますが、この辺りではだいたいどこのワイナリーでもこれで売っています。
大きなステンレス製のタンクからその場で詰めてくれます。
発酵途中ということで、炭酸が常に発生しているため、フタは閉めずにおかなければなりません。

wikipedia 「フェーダーヴァイサー」

お味のほうはというと……発酵により刻々と変化していくのですが、タンクから出してもらって味見をした時は、ぶどうというより梅酒のような香り。
アルコールはごくごく少ないものの、かなり濃縮された甘さというか、きゅーっと血糖が上がる感じです。まあブドウ糖ですからね

2〜3日すると、甘みは少なくなり、アルコールと炭酸が強くなっていきます。苦味も出てくるかな。
酵母が糖をアルコールと炭酸に分解するってこういうことか、と体験できます。笑



そして!
フェーダーヴァイサーといえば、欠かせないのがZwiebelkuchen(ツヴィーベルクーヘン)=玉ねぎタルト

玉ねぎとベーコンがたっっっぷり入ったキッシュのようなものですが、生地にはイーストが入ることが多いらしく、パンのような感じです。フェーダーヴァイサーとセットで買ってきました。お昼はラクできた🙌🏼
200913 schriesheim5

だいたい生クリームもたっぷり入っていてずっしり重い系なので、ふぇはあまり好まないんですが、季節ものだからまあ一回はいいんじゃないでしょうかね。(季節ものに弱い私)


  ← 応援クリック、お願いします!
[ 2020/09/18 11:16 ] | CM(2)

ワインの密造がバレて税務署の人が自宅に来た、っていう漫画を読んだばかりです(笑)ブドウって普通に絞って放置しておくだけでいい感じになるのかしら?なんだか私も密造に着手しそうな秋の気配です。玉ねぎのタルト!この辺に売ってないのが残念(作る気ナッシング)
[ 2020/09/18 20:28 ] [ 編集 ]

v-22 山呼さん
どうなんでしょうね。ワイン密造、一歩間違うと雑菌培養にならないかなあ。
玉ねぎのタルト、私もうちで作る気はナッシングですね〜。
パン屋さんでも売ってるので買っちゃいます。
[ 2020/09/18 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する