スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わくわくするのはわかるけど。 

新学期になり、初めて美術の授業を受けてきたぺい

帰ってくると興奮気味に話す。
「あのね、今年はね、信じられないようなものを使って、絵を描くんだよ。」

後ろに回した手に、その「信じられないもの」を持っているらしい。

んー、何だろうな。野菜とか?果物とか?

「ちがーう。…答えは、これっ!」

と、手を広げてみせてくれた。


それは…!

つけペン(Gペンってやつ?)と、インク。



……ぺいよ、おまえはこれのどこが信じられないのか。

[ 2007/09/12 14:31 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(8)

v-34すろうさん
日本では、やりましたっけ?
カラス口は使ったような記憶があるんだけど…。
ぺいは9月から7年生。(=日本だったら中1?)なので、新しい手法を取り入れたのかもしれません。
どんな作品ができることやら…。
[ 2007/09/12 07:55 ] [ 編集 ]

今の子供はもう、「つけペン」を知らないのかあ~。
ま、私もほとんど使ったことないですが。

漫画やイラストを書く人は使ってましたね。カラスペンとかGペンとか。
今やプロの漫画家でさえも水性マーカーとかで描いてるらしいですけどね。
[ 2007/09/12 11:26 ] [ 編集 ]

v-34えべさん
なんかこう、すごーくいいもの、という感じがしたみたいです。
最近はプロでも水性マーカーなんですか?!
つけペン、そのうち見直されるような気がするんですが…。
[ 2007/09/12 12:01 ] [ 編集 ]

子供の感覚って面白いですね。

 今まで見たこともないペンだったのでしょうか。字なら分かるけど、絵を描くなんて、と思ったのでしょうか。書き方が可笑しくて笑ってしまいました。
[ 2007/09/12 15:24 ] [ 編集 ]

v-34まゆのさん
インクびんとか、そういう昔っぽいものに惹かれるんでしょうね。
「信じられない」という言葉も使ってみたかったのでしょう(笑)。
[ 2007/09/12 15:42 ] [ 編集 ]

いいですね

つけペンなんか味があっていいですね^^
作品を見て見たいなー
[ 2007/09/13 07:39 ] [ 編集 ]

名前がなかった・・・↑『はな』でした^^
[ 2007/09/13 07:41 ] [ 編集 ]

v-34はなさん
そうですね~。このあいだ、80年前の学校の机を見たんですが、インクびんを置く穴が開いていました。
そういうのもいいなあ、と思ったところでした。
[ 2007/09/13 07:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/404-743bae97












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。