ベネツィアでだぶだぶ?! 

先週、ベネツィアへ出張していた夫「ふぇ」。

あちらに着いてすぐに、着いたよコール♪が。
おーちが電話に出て、しばらく話をして切りました。

「無事着いたんでしょ? 」と聞くと、

「うん、今、もう街だって。 で、これから だぶだぶ するんだって!」



 一同 「…へ?????」

おーち「へ? あ。じゃなかった。なんだっけ? んーと、ぶだぶだ? …あ、そーだ!ぶらぶらだ!

いやあ、本当にだぶだぶしてたら大変でした(爆)。


夫も子どもたちも、日常的によく日本語を使いますが、ちょっと苦手なのが「オノマトペ」。
擬音・擬態語ですね。

がさがさ、ジャージャーなど、擬音語はまだいいんですが、擬態語は手ごわいようです。
「ちょっと、そこのつるつるした生地のシャツとって!」
ぐらいはクリア。

でも、てかてか、びらびら、ぬめぬめ…あたりになると、「ええ?!それってどんなの?」となります。

何気なく使っていますが、結構難しいものなんですよね、オノマトペ。




*ふぇから子どもたちへのベネツィア土産、新ブログ「わが家のモノ手帖」にUPしました。

[ 2007/10/15 07:21 ] ことば | TB(0) | CM(6)

おもしろいですね。

日常の会話で何気なく使っているので、
意識したコトはナイですが…

確かに、留学生の方にはどのように説明してよいのか…
情緒的なものとか…
日本語って難しいです…
[ 2007/10/15 09:26 ] [ 編集 ]

v-35 りぃさん
やっぱり感覚によるところが大きいですから、説明できたとしても難しいかもしれませんね。
具体例をいくつも並べるのが一番いいかも。
[ 2007/10/15 11:39 ] [ 編集 ]

ハハハ^^

やっぱり 日本語って難しいんですね
電話の向こうで 恥ずかしかったでしょうね(笑)

学生の頃行ったことがありますが
今は 時間によって水没(浸水)するって
聞いた事がありますが 今もなのでしょうか?

マタ 行きたい素敵な場所だったな♪
[ 2007/10/16 06:17 ] [ 編集 ]

v-35はなさん
パパは「ぶらぶら」っていったんだと思うんですけどね~。
ベネツィアはちょっと強い雨がふったりすると浸水しますよね。
サンマルコ広場が水につかっているのをニュースでよく見ます。


[ 2007/10/16 07:55 ] [ 編集 ]

うちの子も同じです。

 変な擬音語・擬態語が出てきます。この前、補習校の宿題で擬態語が出ていました。「・・・すべる。」「うーん、べたべたすべる、じゃないし。」とか考え込んでました。最終的に「つるつる」を選んでいましたが、本当に分からないものもあったみたいです。日常でも、「これ、ぶじゃぶじゃになってる。」とか創作擬態語が出てきて意味が分かりません。
[ 2007/10/16 09:33 ] [ 編集 ]

v-35まゆのさん
ぶじゃぶじゃ!うちでも言ってます!
あと、ふしゃふしゃとか。
変わったところでは「くらしゃぽん」
転んだり、なにかがこわれたりした時に使います(笑)。
[ 2007/10/16 13:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/432-47725d6a