「パネトーネマザー」ぶどうパン 

姉妹ブログ「わが家のモノ手帖」に書いたパネトーネマザー(酵母)を使って、ぶどうパンを焼いてみました。

ぶどうパンパネトーネマザー



今回はいつもより少ない量で作ってます(直径8cmほどのものが8個できた)。


やわらかくしたバター20g
卵1こ
牛乳180ml
塩小さじ半分
小麦粉405タイプ200g(ドイツの)
小麦粉550タイプ70g(ドイツの)
パネトーネマザー小さじ1強
砂糖大さじ3
レーズン



上の材料のレーズン以外をホームベーカリーの容器に順番通りに入れ、捏ね&発酵モードをスタート!
捏ね上がりの5分前にレーズンを投入(自動投入機能ないもんで…)

発酵が終わったら、生地を取り出してざっと捏ねなおし、8等分に切り分けてまーるく成形。40分ほど2次発酵させます(オーブンをごく低温に温めたところに入れてます)。

あとは200℃で約10分! いい香り♪とともに焼き上がり~!



で、いつもとどこが違うか、と言われると、なかなか答えが難しいんですが…
とにかく香りがいい!
あと、天然酵母にしては扱いやすいのも魅力ですね~。
[ 2007/10/18 15:15 ] 簡単レシピ | TB(0) | CM(4)

パネトーネマザー、以前一袋買って使い切りました。
扱いやすいですよね。

よく「フルーティな香り」と聞きますが、私には炊いたゴハンのウマそーな香りにも感じられて。
余分なイースト臭がしない分、デンプン質の香り(?)が引き立ってるのかしら?

レーズンやドライフルーツとの相性は抜群ですよねー。
[ 2007/10/18 11:20 ] [ 編集 ]

v-35えべさん
そうそう。
そのまま加えればいいだけだし、荷物に入れて持って来ても大丈夫なのも嬉しいです。
もっとイーストらしいクセがあるのかと思ったら、そうでもないですね。
やはり私もごはんっぽいと思いました。
[ 2007/10/18 12:03 ] [ 編集 ]

すごくおいしそう!!!
酵母って、イーストとは別物なんですか^^?
パンを自宅で焼くのは憧れなんですが、ホームベーカリーを持っていなくて、
なかなか作る気になれません。
って、多分機械を持っていても、そうそうしない気はしますが^^;
お料理嫌いなんです(泣)。
[ 2007/10/18 19:44 ] [ 編集 ]

v-35とくだいままさん
イーストと酵母は同じじゃないんですかね~(よくしらない)。
私もずーっとパンを作りたいな、と思ってもなかなか始められませんでした。
でも、やってみたら意外と簡単で楽しいものです。
こちらのパンも美味しいけど、にほんのふわふわパンが食べたくて…。
とくだいままさんの家計簿を見ていると、とてもお料理嫌いだとは思えませんが!?嫌いでもちゃんとやってるとしたら、それはすごいですよ!
[ 2007/10/19 08:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/435-29289564