スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

落ち葉の季節 

物心ついたときから、あまり泣く子ではなかったような気がするんです、私。

結婚して、子どもが生まれてからも、数えるほどしか涙したことはありません。

今考えれば、呑気にやってきたつもりでも、もしかしたら相当気を張っていたのかもしれませんね。



そんな私ですが、一度だけ一人で、しかも外で泣いたことがあります。

その時は、おーちを抱っこひもで抱っこして、上の2人を連れていた記憶があるので、8年前のちょうどこの時期だったと思われます。

そのころ、たまに夕方、ふぇの職場まで散歩することがありました。
スーパーへ行くのとこの散歩が、唯一のお出かけでした。



大きなバス通りを避けて、近道の裏通りを歩いていた私たちが、整地が進んでいる空き地の角を曲がった時、「あ。」と思いました。

焚き火の煙のにおいがしてきたからです。

「日本と同じだ…。懐かしいなあ…。」と思うが早いか、自分でも予想外なくらい涙がポロポロ落ちてきました。 眠っているおーちの額にも点々と。



でもそれは、強い郷愁というのでもなく、ホームシックというのでもなく、なんとも言いようがないんですが、どちらかといえばポジティブな感情

ここは自分の居場所なんだ、みたいな。




結局、ぺいとるーは歩くのに一生懸命で、私の涙には気づかないようでした。ぺいは4才になったばかり、るーは2才半でしたからね。

その後、すぐ赤になる信号を早足で渡ったり、工事現場があって迂回したりしているうちに、すっかり元に戻って、ふぇの職場に着くころは、「せっかくここまで来たんだから、あそこのパンは買って帰らなきゃ!」なんて、鼻息を荒くしていたんですけどね。


今でもこの時期になると、思い出して笑ってしまう私です。
だって、そのころの私と3人が歩いている様子は、まるで「猿回し」みたいだったから(爆)。



[ 2007/11/16 16:21 ] いろいろ | TB(0) | CM(15)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/11/16 10:01 ] [ 編集 ]

もぅ~~、

麻さんったら!
せっかく私も感傷的な気分で読んでいたのに、最後に「猿回し」!(爆)
匂いで記憶がよみがえる事あります。そしてそれって結構強烈ですよね。
8年前には、赤ちゃん、2歳半、4歳だった子ども達3人も大きくなりましたよね~。子どもが成長するのって早いですね。麻さんはとてもいいお母さんだと思いますよ。
[ 2007/11/16 10:20 ] [ 編集 ]

v-352007/11/16 09:01さん
そうですね。私もずっと日本人です。
ただここが居場所だという心持ちで、だいぶ変わってきますよね。
同じ人生ですからそのほうが楽しいですよ。
でもお互い、ちょっとがんばったかな。



v-35Yogacatさん
だって~、ほんとに猿回しそのものだったんだってば。
でも、ほんと、嗅覚って視覚よりもダイレクトに訴えかけてきますよね。
子どもたち、まあそれぞれ成長してくれてますよね。
これからは親ができることは少なくなりますが、自分でいいものを吸収していってほしいです。




[ 2007/11/16 10:33 ] [ 編集 ]

ホロリ・・

偉いわ~、麻さん!!
結婚後、即、海外暮らしですか?
私は、結婚後も10年間は日本暮らしでしたからね~、楽をしてますわ。
すっかり妻・母としての地位??(かなり怪しげではあります・・・)を築いてからの海外移住でしたし、その分、擦れきった可愛い気のない嫁でしたが、かれこれ13年間、この地でなんとか暮らせてますしね。^^;
昔あった色々を、思い出して笑える現在って、とても素晴らしいですね♪

[ 2007/11/16 11:42 ] [ 編集 ]

v-35お気楽ママさん
結婚式の3日後にはこっちに来てましたからね。
だから、生活習慣や食べ物も、初めはほぼ100%こちら流でした。
最近は60%ぐらい日本側に引っぱって来てますけど(笑)。


<<<昔あった色々を、思い出して笑える現在って、とても素晴らしいですね♪
そうなんですよ。だから、今、少々大変なことがあっても「後になればいい思い出か…」と思えます。(だいたいは)
[ 2007/11/16 12:51 ] [ 編集 ]

好きです、そういう考え方!

ポジティブは自然なところから出てこないと~^^
それが異国で暮らして行かれる秘訣なんでしょうね~
ステキだと思います!

今日は私、ダメダメな日だったので
思いがけず元気もらっちゃった!ありがとです♪
[ 2007/11/16 15:24 ] [ 編集 ]

感動かもしれない

そんな瞬間がおとずれるのは
可愛いお子さんと一緒に
幸せにくらしていることへの
感動かもしれませんね。

お母さんの心の動きにも
気がつかずに歩くことに一生懸命な
無垢な子どもたち。
安心しきって。

懐かしい麻さんの子ども時代と
三人の天真爛漫なお子さんが
焚き火のにおいでひとつになった、
そんな気がしました。
[ 2007/11/16 17:06 ] [ 編集 ]

くぅ~、海外暮らし、もしくは、三児の母には.............、
う~ん、っていうか私には(^^;)、かなり泣かせる記事でしたよ、麻さん!
ほんと、あっという間のような、めっちゃ長かったような。
今振り返ると、すんごい形相だっただろうなあと思います^^; 私はね、
結婚後、出産後と、目に見えて涙もろくなっています。本当に、どうにかなった
んじゃないかと思うくらい、ふとしたことでじんわり......。
恥ずかしいです^^;

この季節になるとよみがえる出来事、その中に、一所懸命な自分と、小さい
子供達がいる、すごく素敵だわ。大切にしたいですね。
[ 2007/11/16 18:17 ] [ 編集 ]

麻さん、こんにちは。
すっかりご無沙汰してしまいました。
春に一時帰国してから、アナログ生活だったのです。涙

私、実は結構涙もろい性格で、
テレビ番組で(特に親子愛系)をやってたりすると
すぐにホロリときてしまいます。
普段の生活でも、ツーっと涙が頬を伝ってしまったり・・・
その度に、もっと自分をしっかりコントロール
できるようになりたいと思うんです。

匂いで、懐かしくなること、私もよくあります。
実家がすごく田舎なので、特に牛の匂いには敏感な私。
つい立ち止まって、日本を思い出します。
焚き火、祖父が昔よく実でやっていました。
久しぶりに電話して、声を聞きたいなと思います^^

またお邪魔しますので、宜しくお願いします。
[ 2007/11/16 18:34 ] [ 編集 ]

ホントです…
感傷的な気分だったのに、「猿回し」って…(笑)

私も3人きょうだいです(弟、妹と2歳ずつ違いです)。
ぢゃぁ、私のママが私たちを連れてたのも、そんなカンジに見えてたのかも?!

私が聞いた話で印象に残っているのは、
ママは別の売り場へ、パパは妹を背負い、弟、私の手を引いて…
いろんなものをパパが買っていたら、そこにいらっしゃったおばあさまが、
「こんな小さい子をたくさん連れて、奥さんに逃げられたのかしら」とばかりにお手伝いしてくださったそぉです…
周りから見たら、きっと、スゴイ図だったのですね(笑)
[ 2007/11/17 05:08 ] [ 編集 ]

v-35陽子さん
海外、特に言葉が不自由な場所に住んでいると、たぶん言葉でいろいろフォローできない分、自分がダイレクトに自分に返ってくることがあって。
孤独感とは違う、なんというか自分に対する責任感みたいなものが出てきたんですよ。
そうなると、けっこうどん欲(?)になるのか、居場所は勝手に自分で見つけちゃいましょ!みたいな感覚になるんだと思います。
陽子さんも、明日はいい日になるといいですね~。



v-35ぱでぃさん
おっしゃるとおりなんだと思います。
私は、どうにか穏やかな生活ができているので、ラッキーだと思っていますが、幸せは、普段の何気ない生活にあるものですよね。
それに気づくキーのひとつが焚き火だったのかなあ。


v-35とくだいままさん
ですよね~。長かったような短かったような、怒濤の毎日(?)でしたよね。っていうか、ですよね。
私もね、結婚式を経験してから、他の結婚式に出るたびにジーーーーーンときてます。出産を経験してから、赤ちゃんを抱くたびにグっときます。
単に年取ったっていうことかな。


v-35chiotaさん
なんと!ここ数日、chiotaさんのこと思い出してたんですよ!
何でも感激できるのは、素晴らしいじゃないですか~。
牛のにおい、私も通学路に牛がいたので懐かしいかも。
あと、栗の産地なので栗の花のにおいですかね。
栗は特に、今でも「くさいなー」と思うけど、懐かしいですね。
あとは東京の祖父母の家にいく時に駅から乗るタクシーのにおい。
迎えにきてくれていたおじいちゃんの嬉しそうな顔が思い出されます。
お祖父さん、声を聞かせてあげたら喜んでくれますよ、きっと!


v-35りぃさん
そうですか!ちょうどうちと同じような3人兄弟だったんですね。
お父さま、それはやはり大変そうに見えたんでしょうね。
うちの子もそうなんですが、比較的おりこうにしていても、3人それぞれに興味対象が違うので、親はあたふたするんですよ(笑)。









[ 2007/11/17 10:08 ] [ 編集 ]

テンプスタッフ株式会社ママキャンパス事務局と申します。
突然のコメント、大変失礼いたします。
10月31日に働く母親を応援する意見交換サイト「ママキャンパス」をオープンしました!
働くお母さんが、今まで以上にイキイキしてほしいという思いから立ち上げました。
もしよろしければ、ご利用いただけますと幸いです。
宜しくお願いいたします。
http://www.mama-can.com
[ 2007/11/18 10:50 ] [ 編集 ]

v-35ママキャンパス事務局さん
情報をありがとうございました。
[ 2007/11/18 11:32 ] [ 編集 ]

ジーンときた

結婚後いきなりの海外で 子育て・・・
気を張って本当に頑張ってこられたんですよね
ジーンっとしました。
なのに 猿回し^^

私も 頑張らないと!って改めて思う記事でした。
なんだか ありがとう!!!です。
[ 2007/11/19 05:17 ] [ 編集 ]

v-35はなさん
はなさんも慣れない土地で大変でしょう。
お互い、がんばりましょうね。
[ 2007/11/19 08:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/457-7d1e1e97












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。