恒例!今年一番の風邪 

いやあ、風邪ひきました

先週もちょっとおかしいなあ…と思ってたんですけどね。
昨日は1日中くしゃみ喉も痛くなってきました。

今回は、めったにない頭痛もセット
なんか頭にセメントが入ってる感じで、前に傾けるととくとくとく左に傾けるととくとくとくって感じで、痛みが移動します。


実は毎年、この時期に風邪をひくのが恒例なんです。
私の場合、ここで抗生剤などを飲まずに治すと、あとは冬の間ずっと風邪をひきません。

って、抗生剤を嫌っているわけじゃないんですよ。
お医者さまが必要だというなら飲みますが、フランスでちょっとつらい経験をしたので、使わなくてすむならそうしたいと…。



あれはおーちの生まれた年ですから、ちょうど焚き火に涙していたころ(2回前の記事)ですかね。

なんと、一冬に6回も気管支炎にかかったことがありました。

たぶん、いろいろな理由、例えば…

1)3人目の出産&育児で身体が弱っていた。
2)リヨンは街に隣接して化学工場があり、空気が悪い
3)新築の家の建材や塗料が合わなかった(シックハウス?)

があるかと思われますが、考えてみると、6回とも抗生剤をガンガン処方されました。

回を増すごとに、効かなくなり、結局半年で3種類の抗生剤を飲むことになったのです。

その時は、抗生剤はありがたい薬でした。
とにかく子どもたちが小さいですから、日中眠っているわけにはいかないし、横になっていても何かと起き上がらなければなりませんから疲れ倍増…。

それでも抗生剤を飲めば、1時間後にはとりあえず楽になって動けるようになったからです。

でも、ある日、ニュースでフランスの抗生剤の使用法がニュースで問題にされていました。
どういうわけか、近隣諸国に比べて、ダントツで使用量が多いんだそうです。

これを見て、「うーん。」と考えてしまいました。

そのせいで気管支炎を繰り返したとは言いませんが、漠然とコワいな、と。


そこで、次の冬の最初の風邪の時には、鼻水を出やすくする薬と咳を抑える薬、それから消炎剤だけを飲んで、抗生剤を飲まずにがんばりました。

そして、子どもたちには「ままは病気でつらいから、ちょっと我慢してね」と言って(←あまり効き目なし)、なるべく横になって安静にすることを考えました。

すると、治るまでに時間はかかったものの、それからその冬は、気管支炎にはならずにすんだのでした。

いろいろな要因もあると思いますが、少なくとも私の場合は、この方法が一番よかったみたいです。

だから今回も、抗生剤なしで治ればいいなあと思っているところ。




ところが、「さあ、風邪だからゆっくり休むぞおっ!」という大義名分がある時に限って、なんか元気で、いつもより丁寧にお掃除したりする私。

考えてみれば、最近は子どもたちから手が離れて、最近は、常に休息状態だもんね~。
[ 2007/11/20 16:00 ] いろいろ | TB(0) | CM(12)

お大事に

私も薬はなるべく飲まずに済ませたいと考えています。
生理痛がすごくひどいんですが、暖かいお風呂に一日4回ぐらい入って、寝る時も湯たんぽ。

風邪もしょうがと蜂蜜とレモンをお湯で溶いてたくさん飲みます。

薬に頼っていた子供のころと比べるとだんだん免疫がついてきた気がします。

抗生物質はその人だけではなくて、ウイルスに抵抗性が出てくるので、その社会で効かなくなる可能性があるって読んだ時には「そりゃそうだろう」と思いました。

薬は何でも悪いとは思いませんが、麻さんのようにバランスを考えて摂ることが必要だと思います。

私も我慢ができないときや鼻水が止まらないときにはお薬に頼ります。

無理しないで早くよくなってくださいね。

やったことはないんですが、ネリガラシを胸に塗るといいとか・・・・。
[ 2007/11/20 10:42 ] [ 編集 ]

抗生剤を一年に三回は多すぎますーー。多く使うと、効果がなくなり、別のを、強いのを、となりますものね。
私は幸い、抗生剤が必要となる病気は、ここ、数年来、かかっておりません。頑健にうみ、育ててくれた両親に感謝です。
猪之助は、扁桃をすぐ腫らす人で、削除手術までに、年に一回は必ず、手術の前の年は一年に三回、抗生剤でした。で、とって、それ以来抗生剤の必要なく過ごしています。扁桃をとることへ賛否両論ありますが、彼の場合はとってよかった、と言っています。

ドイツでも医者によって、すぐ、抗生剤を出す人と、じっくりと、という人がいます。でも、必要なときを見極めてくれー、と思ったことは以前、ありました。
WeledaやWaraなど、ホメオパシーにもいい薬がいろいろとありますよ。うちは、Weledaの風邪対策薬は常備しています。
[ 2007/11/20 10:51 ] [ 編集 ]

v-35みきさん
そうですね。耐性菌のことを考えると、実は社会問題なんですよね。
あまりつらい症状を我慢するのも、体に負担になると思うので、症状を和らげつつ、身体の力で治っていけたらいいな、と思います。

まずは身体を冷やさないことかな。
風邪をひくと「最近のセーターはみんな短いな、もー。」と思います(笑)。


v-35nyf1403さん
いやほんと、飲みすぎでしたよね~。
で、これがまた驚くほど効き目バッチリで怖かったです。

おっしゃるとおり、医者によってもだいぶ違いが出てきますから、自分にあった信頼できるところを見つけるのが大事かもしれません。

猪之助さん、扁桃腺とってよかったですよ。
だって、炎症のたび、身体には負担になるんですもんね。

Weledaの薬があるんですね。探してみようっと。


[ 2007/11/20 11:12 ] [ 編集 ]

お大事に!

ヨーロッパの冬は底冷えというか、足の裏からしんしんと冷えを感じるというか・・・
半世紀近い人生の真ん中辺りにほんの2ヶ月ばかり行ったことがありますが、それが2月~3月。 2月のパリは寒かった・・・
いえ、話がそれましたが、風邪は万病のもとです。
お大事になさってくださいね。
[ 2007/11/20 11:49 ] [ 編集 ]

お風邪、大丈夫ですか~?
頭痛は本当にツライですよね。早く治るといいけど...

フランスって抗生剤の使用量が多いんですね。
思ったんですけど、フランスって薬の種類も多いよね。
イタリアにない薬でもフランスにはあるものが結構あって、何度かフランスまで買いに行ったことあります。

先週あたりからイタリアも(うちのほうでさえ)寒いので、きっとドイツはもっと寒いことでしょう。
どうぞお大事にね。
[ 2007/11/20 13:29 ] [ 編集 ]

風邪大変そうですね・・・私も子供の頃薬漬けにされた時があり、以来薬は極力避けています。
英国にいた頃、ドイツ人の友達が病気になったとき抗生物質を処方されて、文句を言っていました。ドイツではHerbal medicineが主流で、こんな簡単に抗生物質は出さない、との事。日本では昔(今でも先生によってはしますが)、カルテはドイツ語で書くくらいドイツの医療をモデルとしていてたのに今ではあちらは漢方が主流なんだーなんて思ったものです。でもお医者さんによっても違うんでしょうね。
早く治ると良いですね、お大事に!
[ 2007/11/20 14:09 ] [ 編集 ]

Weledaの薬

喉が痛い時、また、口内炎などにも・・鼻や口の粘膜のためということらしい・・
Bolus Eucalypti comp.粉薬で、ちょっとを口内炎だったらそこにのせて浸透させる、喉だったら飲み込んでそのまま、というかんじ。
Ferrum phosphoricum comp.発熱を伴う風邪に、ということですが、熱がでたら、そして、一日経ってもそのままだったら、うちは医者にいくようにしています。

ホメオパシーの熱冷ましもあります。たしかヴェラドンナを使った薬でした。
あと、鼻づまりの時、鼻に塗る(中じゃないよ)Nasencremeだったかな、たしか、Weledaであります。塗るとすーっとして、鼻づまりがすこし解消されるという感じ。治療でなく症状を軽くするという薬ですね。
[ 2007/11/20 14:12 ] [ 編集 ]

v-35お気楽ママさん
ほんと、しんしんと冷えますからね。
私もパリは寒い、という印象があります(笑)。


v-35Yukakoさん
鼻はだいぶよくなって、気管支まで来ました。
でもここまで来るともうすぐなんです。
さっき、日本から持ってきた「パブロン」を飲みました。
今夜も早く寝るぞ~!


v-35sashaさん
言われてみれば、薬局に行くとハーブ関係の薬が出てくるところが多いですね。
お医者さんによっても大きく違うというのも、不安と言えば不安ですが、その前に言葉が第一関門です(泣)。


v-35nyf1403さん
いつも、使える情報をありがとうございます。しくしく。
そういうお心遣いだけで、だいぶ身体が軽くなるような気がします。
娘も口の中が荒れて痛いというので、ぜひ試してみたいと思います。



[ 2007/11/20 17:32 ] [ 編集 ]

大丈夫?

しっかり栄養をとって、1日何もせずにずーっと寝てたほうがいいですよ。こじらせると大変です。
私も先週の土曜日は風邪気味だったんだけど1日中ずーっと寝てたら大分よくなりました。
↑のweledaのお薬はよさそうですね。あと生姜茶とかハーブティーとかも利きそうだけど試した?
じゃ~お大事にね。
[ 2007/11/20 20:10 ] [ 編集 ]

v-35Yogacatさん
昨日も早く寝て、今日はだいぶ楽になりました。
しっかり食べられるので、大丈夫だと思う(笑)。
生姜はやってみたけど、なかなかいいみたいでした♪

[ 2007/11/21 09:44 ] [ 編集 ]

大丈夫ですか?

ちょっと久々に遊びにきました。
風邪大丈夫ですか?
うちの旦那はカラダにうみがたまりやすい特異体質で常に抗生剤を飲んでます。
これを飲むとのどのはれや吹き出物が治るみたいで。
私が風邪ひいたり、吹き出物ができた時「薬ちょうだい」と言うとダメと言われます。
やっぱり強いかららしいです。
本当は休養や食事で病気を治すのが1番いいんでしょうね。
無理せずゆっくりしてください。
[ 2007/11/21 12:05 ] [ 編集 ]

v-35東京ファームさん
ありがとうございます!
旦那さまのように、うみがたまりやすいという場合は、抗生剤が欠かせませんよね。
要は、必要に応じて上手に使う、ということですね。
[ 2007/11/21 12:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/460-9ffe4a2a