感動のひととき! 

なんと、昨日は、最近ホットな話題で日本中(いや世界中?)を沸かせた   すごーい方にお目にかかりました。


さて、どなたでしょうか
人の皮膚細胞から、身体のいろいろな場所の細胞に分化させることができるiPS細胞を作ることに成功された京都大再生医科学研究所の山中伸弥教授でした!
(そのニュースはこちらなど)


このたび、ドイツでがん研究に多大な功績があった研究者に贈られる「マイエンブルク賞」を受賞され、その授賞式にやって来られたわけです。


先週、NHKのニュース9でこのニュースと山中教授のインタビューを見て、帰宅した夫に「ねえねえ、すごいよね~。」と話したら、「そうだね~。来週うちの研究所に授賞式かなにかで来るらしいよ。」と。

「えええええええええっっっ!」

もうこれは、お祝いに馳せ参じるしかないっっと、たまたまこれまた近くの学校に通う子どもたちを拾って、家族で授賞式の開かれる会議場に向かったのでした。

今回は、授賞式のみならず、記念講演もあったため、会場は老若何女の研究者でいっぱい。

邪魔にならないように、立ち見席で見させていただきました。

講演では、開口一番、「えー、日本は今、午前1時でありまして…。早く始めたほうがいいかなと思います。」と笑わせ、つかみはOK!という感じでスタートしたのでありました。

私は研究者じゃないし、英語もだいぶ怪しいので、内容についてはすべてわかったわけではありませんが、やはりニュースでは1分程度にまとめられてしまう結果でも、本当に長い道のりがあったのだなあ、としみじみ感じました。

淡々と講演を続けられる中、途中、何回か会場を笑わせるユニークさもお持ちでした♪

最後の質問コーナーで、鋭い質問が飛ぶと「えー、あなたは論文の審査官ではなかったと思われますが…(審査官は怖い)」と、まず穏やかにかわされるところもさすがだ!と思いました。

それから、講演の最後には、この研究の実験を受け持った研究員や学生の写真を一人ずつ披露し、「実は私は実験は一つもやっていないわけでして…(一同笑)すべてこの仲間たちの手によるもので、感謝したいと思います。」と。泣けますねえ!

そして、最後には研究部全員の写真が。
「前列中央の白衣を着たえらそうにしているのは、実はポスドク(研究生)で、私はここ。後ろに写っているのであります。」(会場大爆笑)
と、本当に、いい研究部なのだなあ、と羨ましく思いました。


講演終了後、厚かましくもお祝いを言いたくて近くに行くと、とても気さくにお話してくださいました。

こんな国際間での熾烈な研究競争の渦中にいる方とは思えない、穏やかで優しげな雰囲気をお持ちです。

「子どもたちと写真と撮らせていただけませんか?」という不躾なお願いにも、「いいですよ~。子ども、好きですから。」と快くカメラに収まってくださいました!(家宝)

しかも!「じゃ、がんばってくださいね。」とこちらにも励ましの言葉をいただき…がんばります。

これからも、陰ながらご活躍をお祈りしています!






ランクアップしました!ありがとう♪
 よろしければクリックお願いしま~す。
[ 2007/11/27 16:54 ] いろいろ | TB(0) | CM(15)

良かったですね~♪

科学に明るい麻さんなんですね~!!
私はこの分野には全く疎いんですが、でも素晴らしいニュースです!
世界に活躍する日本人と言葉を交わせたなんて、
本当に感動的な出会いでしたね♪
[ 2007/11/27 10:43 ] [ 編集 ]

よかったですねー。

 お子さんたちにもよい経験、よい思い出になったのではないでしょうか。何かに秀でた人って人間的にも面白いし、優れた人なのですね。研究は一人でやるものではなくて、チームでやるもので、チームあっての自分であり、結果も一人で占有するものではない、という自覚をお持ちのようなで感銘を受けました。
[ 2007/11/27 10:55 ] [ 編集 ]

ほぉ~、そんな事があったのですか。
そういう情報を掴んでいて、ちゃんと出掛けていく麻さんも、凄いです。
この先生、研究を一緒になさっているチームを、とても大切にしていらっしゃるんだなぁ~って思いました。大学の教授たるもの、こーでなければいけないんでしょうが、なかなか貴重なタイプですよね。 全部、英語での講演だったのですか?
[ 2007/11/27 12:00 ] [ 編集 ]

v-36お気楽ママさん
いや、ぜんぜん科学には疎いんですが、夫の仕事上、聞きかじっているわけです。
今回のことは発見自体がすごいことですが、やはり日本の方の仕事だと思うと、さらに嬉しいものですよね。


v-36まゆのさん
子どもたちもワクワクの経験だったと思います。
誰か一人ぐらいは研究者になるかな…。でも、親を見ているからならないかもな(笑)。
やはり先頭に立つ人と、実際の仕事をする人の信頼関係って、とても大事だと思いますね。


v-36ふろっしゅさん
たまたま夫の仕事の関係で情報が早く入ったので、珍しくアクションしたわけです。(ほんとは出不精なんだけど)
お会いしてみて、本当にいい研究者、いい研究部なんだなあと思いました。
山中教授も私よりも6才年上なだけ!若くて活気のある研究部の様子が目に浮かぶようでした。
自分の業績のためだけでなく、その先の科学を見据えていらっしゃるところも、日本人としてすごく誇りに思ったり。
講演はすべて英語でしたよ。


[ 2007/11/27 13:55 ] [ 編集 ]

テレビのニュースでは、アメリカと日本とは言っていましたが、映っていたのはアメリカの研究室だけだったみたいです。でも、日本の研究もきちんと評価されて嬉しいなー。
こういうとき、「えへん、日本人だぃっ」となってしまいます。こういうのを「他人の褌で・・」と言うのでしょうね。
[ 2007/11/27 14:40 ] [ 編集 ]

v-35nyf1403さん
アメリカにも小さな研究室を持っているそうですが、ニュースになったのはアメリカの他の研究者のことかな?直後に同じような論文を出したところがありますね。
研究のしやすさに関しては、日本はかなりダメダメなので(山中教授も海外メディアにこぼしてましたが)ちょっと喝が入っていいかな、と思っていたら、今日のニュースで文科省が積極的支援を発表しました。
期待しましょう。
[ 2007/11/27 14:49 ] [ 編集 ]

すごい人がいるもんですねえ!
麻さんが、すごく感激されている様子が、とっても良く
伝わってきました。業界では、神様みたいなんでしょう
ねえ。そんな方と一時でも言葉を交わせたなんて、私も
頭爆発していそうだわ^m^
[ 2007/11/27 18:38 ] [ 編集 ]

v-35とくだいままさん
そうですね~。
「すごい」にもかかわらず、お地蔵さまのような素朴なオーラが漂っていて、じわーっと感激しました。実は講演の最後に「家族にもありがとう」の言葉があったんですよ。
うちのパパにもいつかこんなセリフ言ってほしいです~!
ただの学会の発表では、こんなこといったら「ぷっ」ですからね(笑)。
[ 2007/11/27 18:51 ] [ 編集 ]

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
[ 2007/11/28 01:58 ] [ 編集 ]

スゴイですね~!!
とってもイイ機会に…だったのですね☆★

直接、お話を伺って、尊敬して、その道を目指す…
って多いコトなので、もしかしたら、
将来は麻サンのお子様方が…?!

ホントにスゴイ方って、きっと、研究生たちのコトも大切に、
人を大切にできる方なのだろうなぁと思います☆★
[ 2007/11/28 03:57 ] [ 編集 ]

v-339みんなのプロフィールさん
インフォありがとうございます。


v-339りぃさん
ほんとうに、めったにない機会だったと思います。
子どもたちもにとってもすごく大きな出来事になったみたい。
うちは、パパが同業なので、子どもたちはその道には進まないかも(笑)…と思ってましたが、これでちょっと希望が?!



[ 2007/11/28 08:54 ] [ 編集 ]

皆さんで良い経験をされましたねー。

確かに現在、病気を治すという研究の他に再生医療の研究が盛んなようですよね、親知らずの再利用なんて本当にスゴイ事が行われるようになったし。
研究者と一緒に仕事をしたことがあるんですが、良いチームが出来ていると、それなりの結果を出すことに近づくというのは良くわかりますね。
[ 2007/11/29 16:46 ] [ 編集 ]

v-339ゆき珠さん
ほんと、再生医療が盛んになってますね。
命のあり方、とか言って異論を唱える人もいますが、そのへんはとても難しいですね。
[ 2007/11/29 17:22 ] [ 編集 ]

 驚いたよ!いっぱい!!?

 麻さん!不思議なことがあるものです!
実はこの方ね 私の友達のご主人のいとこなのです。
私はお会いしたことはないですが、ご主人とは親しいし
奥様から山中氏のことは、新聞に載ってすぐにお聞きしました。驚く事かどうか分かりませんが、麻さんもこのご家族は、少しの間ですが lyonで一緒だったので知っていると思います。
この話を最初にしておけばもっとお話が深まったかも?
麻さんが、ドイツでお会いになったことを話しておきますね
まあ山中氏の知ったことではないのですが、私にしてはかなり親近感が??
[ 2007/12/01 17:25 ] [ 編集 ]

v-339pivoineさん
ええええええ?!そうなんですか?
どなただったんだろう…
これで私もますます親近感が沸いてきました。
がんばってほしいですね~。
[ 2007/12/01 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/465-d157fdc5