しみじみ美味しいおひたし 

一昨年になりますが、チーマ・ディ・ラーパ(かぶの葉っぱと花)を紹介したことがあります。
記事はこちら

cima di rapa 080308


とかく葉ものが不足しがちなドイツの食生活。
土曜日に行ったイタリア食材店に、新鮮なものが出ていたので即、買い。

「何だか時々葉ものが無性に食べたくなって…。日本でも似たようなものを食べるんですよ。」というとお店のおじさん(シチリア出身)「ドイツにはあまりないからねえ。おれらは(シチリア人と日本人。仲間意識あり?)こういうのないと調子出ないよなあ。」と意気投合。


さっそく帰ってパスタに。
本当はパスタの茹であがり2~3分前に、適当に切ったチーマ・ディ・ラーパを投入…でいいんですが、んー、ちょっとそれには鍋が小さめか?ということで、まずチーマ・ディ・ラーパのみを茹で、ザルに上げました。

なんというきれいな! 茎の部分をちょっとつまんでみると、あ、甘いっ!

こ、これはっ!と半分取り分けてさっと水にさらし、キュッとしぼってお皿に。
かつおぶしをふわりとのせて、しょうゆをさっとかけて…おひたしです。

cima di rapa おひたし



これがもう、おいしいのなんの!(涙)
身体の隅々に行き渡るような大地の恵み!(大げさ?)
みんなで頭を突き合わせて、わずか30秒で消えてなくなりました(品がなくてすみません)。


ほどなく出来上がったにんにくで風味づけしたオリーブオイルでさっと炒めたチーマ・ディ・ラーパのパスタも、これがまた和んだ味わいで、ものすごくアンバランスなメニューではありますが、どちらも美味しく頂きました♪


おまけ!
近所の桜2008
近所の桜、八分咲きってところかな。品種が違うせいか、寒くても咲いてます。


ランキングに参加してます♪
 応援クリックお願いします!
[ 2008/03/10 15:55 ] | TB(0) | CM(18)

ドイツは青菜があんまりないんですね~。
日本は冬の間、青菜と大根ばっかりですよ。
んで、どれもこれもお砂糖ふったように甘いです。

イタリアでは炒めて食べることが多いのかな?
さっとゆがいただけの旬の青菜、ホントおいしいですよね。
大根の間引き菜とか水菜、セリなんかもいいですなあ。
[ 2008/03/10 11:22 ] [ 編集 ]

ああ、おひたし

私も時々青虫になって野菜を食べまくりたい、、、、と思います。
でも外国で新しい食材を自分で買って調理するのは勇気がいります!
後でこの野菜を見つけたら、買って夕飯はおひたしにします。
[ 2008/03/10 12:21 ] [ 編集 ]

v-22えべさん
青菜が豊富なのはいいですよね。水菜、せり…いいなあ。
近々、帰国するのでたくさん食べて来ようと思います!


v-22あよなさん
あれ?これベネツィアにもないですか?
ミラノ人の夫もなじみの薄い野菜と言ってたけど、やっぱり南のものなんですね。
ほうれん草よりもアクが少なくて、食べやすかったです。おすすめ!
[ 2008/03/10 13:21 ] [ 編集 ]

ふえさんはかつお節かけたおひたしOKなんですね!
今度そのチーマ・ディ・ラーバ(名前覚えきれん)見つけたら買ってみよう。でもイタ食材屋さんまでいかないとだめかしら。
先日、私もね、ゆでた絹さやの甘みがあるおいしさにびっくりしたところです。
[ 2008/03/10 14:01 ] [ 編集 ]

v-22Yogacatさん
おいしいと思ってるか分かりませんが、ふぇも食べてますよ。
これ、旧市街でも売ってることあります。

絹さやも甘いですよね。最近、野菜のおいしさ再発見!てことが多いです。
[ 2008/03/10 14:22 ] [ 編集 ]

こんな素朴な食材を(って、チーマなんたらとは何かは知りませんが)ものすごく美味しそうに表現してて、ほんとに食べたくなりました。ドイツは葉物は少ないんですねー 上の方のコメントに同意ですが、外国で見知らぬ食材を購入するのは勇気いりますよね、ほんと。私は未だにアーティチョークの見た目が恐くて自分では調理しません・・・このチーマちゃんは一見菜の花っぽいですが甘いんですね?フムフム。私がよく(?)やるのはパスタを湯がいて最後の1分で菜の花を投入、ボールでオイル漬けのアンチョビと混ぜるだけ、ってのが簡単で美味しいです。
[ 2008/03/10 15:41 ] [ 編集 ]

v-22sashaさん
かぶの葉っぱとはいえ、花は菜の花に似ているし、味もそんな感じです。
こちらのレシピでもアンチョビーを使うことがあるんですよ。
やっぱりこういうシンプルなものは飽きがこなくていいですね。
[ 2008/03/10 17:17 ] [ 編集 ]

麻さんのこの記事を読んでから、今日はお買い物に行ったので、我が家は本日、菜っ葉満載でした!

桜が咲いているのね?キレイだわねぇ~。
花と葉っぱを摘んで、塩漬けにしたらいいみたい。桜餅風味フェチの私には堪らない一品となりまする。
[ 2008/03/10 21:52 ] [ 編集 ]

葉っぱはレタスくらいです、我が家も。
あとはチンゲンサイとかかな、ほうれん草も茎のあるのは
いつ見てもしおれていて買う気になれず。

このカブの葉、美味しそう!ほんと、こう言うのが無性に
食べたくなる時ってあるんです。ちょっとした国民性とは
知らなかった^^;

んで、桜~~~!!!
春だぁ~~~!!!
[ 2008/03/10 22:59 ] [ 編集 ]

これは、見かけたことがありませんねぇ、、、。
味も菜の花みたいなら、煮びたしにして芥子で食べたい!
探します!

桜、もう開花してます?うちの近所も咲いているかな?
探してみます。
麻さんも塩漬けになさったら?お子様たちを花泥棒に仕立ててv-8
[ 2008/03/10 23:27 ] [ 編集 ]

おひさしぶりです!

覗き見はしていたのですが、ご無沙汰しちゃいました^^;
おひたし・・・日本にいると大してありがたくないです~
だってご飯のおかずにならないんですもん!(笑
でもきっとなかなか食べられない環境に置かれたら
こんな私でも食べたくなるんだろうな~

桜、きれいですね^^
今日の東京は19度まで気温が上がり、春の陽気らしいです。
昨日と10度も違うって、着る物困るっっ!
[ 2008/03/10 23:52 ] [ 編集 ]

v-22ふろっしゅさん
葉っぱ満載の食卓、いいですね。
この写真の桜、塩漬けにするのにちょうどよさそうですよね。
でも昨日の雨でもう散り始め…晴れるといいんだけどな。


v-22とくだいままさん
そうですよね。レタス各種が中心ですよね。
あとは、いつでもある緑の濃いサラダといえば「ノヂシャ」ぐらいです(そちらにもありますか?)
近所の桜、ソメイヨシノよりはいくらかピンクが濃いんですが、やはりきれいだなあと思います。


v-22ゆき珠さん
これ、煮浸しにもピッタリだと思います。
ぜひ、探してみてください!
うちの近所、桜と梅が同時に咲いてるみたいです。
塩漬け、いいですよねえ。


v-22陽子さん
私も日本にいる時はそれほどありがたみが分からなかったんですが、ないと食べたいものなのか、年のせいか、最近はしみじみおいしいと思うようになりました。
今週末に帰国します。春の陽気が続いてくれることを願って…。
[ 2008/03/11 08:56 ] [ 編集 ]

おいしそう!

ご無沙汰しています。
前回のチーマ・ディ・ラーパの記事を読んで以来しばらくはまっていた私でしたが、おひたしはそういえばまだ作ったことがなかったです。あぁめっちゃめちゃおいしそう!是非試してみたいと思います。
麻さんはいつもおいしそうなものを作られていますね~。
読み逃げしていましたが、少し前のリンゴケーキも上の子と一緒に作ってみたらおいしくって子供たちに大ウケでした。ありがとうございます♪
これからもブログ、楽しみにしています。
[ 2008/03/11 17:16 ] [ 編集 ]

v-22pescaさん
お久しぶりです!おひたしもパスタもどちらも捨てがたいおいしさです。
りんごのケーキも作ってくださったんですね~。おやつにはいいですよね。
[ 2008/03/11 17:27 ] [ 編集 ]

美味しそう…

麻さん、お久しぶりです!

すっごく美味しそうじゃないですか!
実はこの時期お店で見かけるんだけど、どうやって料理するのかイマイチだったので、買ったことなかったんです。
でもおひたしが美味しそうで、買いにいったら…その日に限って売ってなかった(泣)
今度見かけたら絶対に作ろ~っと!
[ 2008/03/12 04:25 ] [ 編集 ]

v-22tomokinaさん
tomokinaさんの住んでるところあたりは普通に売ってるんですね。ミラノでは見かけないそうですよ。
久しぶりのおひたし、感動のおいしさでした。
[ 2008/03/12 08:23 ] [ 編集 ]

美味しそう!

こんにちは!
麻さんのこの記事を読んで、
スーパーで菜花を購入しちゃいました。
これからの時期、食べたいのは
ふきのとうやこごみ、たらの芽など…てんぷらでいただきたいです。

私の兄もドイツに住んでいたことがあります。
私自身も一度だけドイツに行ったことがありますが、
食べ物にはあまり恵まれないようですね。
ホテルでむっちゃまずいものを食べた後、
シェフが出てきて「おいしかった?」てな態度だったので、
答えようがなかった…と兄が言ってました。
ドイツ人の台所はピカピカと聞いていますが。
[ 2008/03/13 04:17 ] [ 編集 ]

v-22ルーファスさん
ふきのとうやこごみ、たらの芽…いいですねえ!
母の故郷が田舎なので、実家には毎年たらの芽がダンボールいっぱい届きます。帰国のタイミングが合えば、食べられます(笑)。

ドイツはフランスやイタリアに比べると、生鮮食品の「勢い」みたいなものに欠けるかな。
でも伊仏にはあまりない豚ひき肉や柔らかいキャベツがあるは助かるかも。
レストランは一般的に大味ですかね。
ドイツ人の台所もきれいですが、私が今まで見た中ではイタリア人の台所が一番きれいかも。生活感ゼロでいまいちなじめませんがね~。
[ 2008/03/13 08:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/538-a162be96