ムラーノ! 


実はドイツは今日、祝日になってます。
日曜日感覚でボーッとしてたら、今、実家から電話が。

ブログの更新がないので病気かと思ったらしいです(笑)。すっかり忘れてました。

夫は「日本では近所の洗濯物が外に出ないと『具合でも悪いのかしら?』っていうけど(←実家の界隈はこうなんです)うちはブログなんだなあ。」と。



というわけで、ムラーノ島の様子をちょっとだけ♪

実を言うと、それほどムラーノ島に行きたいと思っていたわけではないんです。

旅行記サイトをみても、ガラス製品店の客引きがすごいとか、期待はずれとかが多いみたいだしね。
観光地化されすぎたところって、「興ざめ」ってないですか?
美しいガラス製品も、本物はものすごーく高価だし、そうでなければ中国製とか。

でも、子どもたちがとにかく船にいっぱい乗りたいっていうもんだから、まあ行ってみるか…ということになったわけです。



ところが、結果から言うと、私はムラーノがなかなか気に入りました

その日は観光客が少なかったせいかもしれないし、また私たちに高価なガラスは買わない(買えない、か)オーラが出てたからかもしれないけど(笑)、お店からのお誘いはまるっきりなし。

雰囲気も思ったより観光地っぽくなく、リラックスできました。
ラッキーなことに出会った人たちはみんな気さくで親切。


murano-roji
路地を入ったところにもギャラリーが。



途中、お腹がすいてパニーノ屋さんを探していたら、ガラスの工房に行き着きました。
たくさんの職人さんが、黙々と、でもいきいきと働いているところをすぐそばで見ることができます。
「早く何か食べたーい!」とうるさかった子どもたちも釘付け

murano-2
炉で熱して溶かしたガラスの形を整えて…


murano-3
型にはめ込みます。


ほら! こんな形に!
murano-4



この直後、このおじさんが私たちのそばのを開けに来て…

アクシデント発生!

なんと、目の前で窓ガラス(これも色とりどりの細工があって素敵だった)が枠からはずれ、ガッシャーーーーン!!

こういう場合、まずみんな私たちを見ますよねえ。
といっても「違う違う!」とアクションするのもイヤなものだし、しばらく呆然としちゃいました。

でも、工房の関係者らしい若い男の子がすぐに駆けつけてくれて、「すみません!ケガはなかったですか?」と聞いてくれてちょっと嬉しかった。
だからというわけじゃないけど、片付けを手伝ってきましたよ♪


工房を出たところの運河で撮影
murano-vetrosubarca

なんと、こんな無造作に船に積まれているのは、さっきの工房で作られた作品たち!




その後、みんなでパニーノを食べて、またぶらぶら。

murano-FM
お腹いっぱいでゴキゲンのおーち。


murano-soroban




murano-dolce






さて、一口にヴェネツィアンガラスといっても、クラシカルなものもあれば前衛的なものもあり(どちらも同じように高価だけれども…)興味深いです。

たとえば、ヴェネツィアングラスのシャンデリア…なんていうのは、ちょっと現実的に使えない感じですよね~。

でも、こんなタイプちょっと大ぶりのグラスは「そのうち欲しいなあ。」と思っちゃいました。
murano-bicchieri



というわけで、ムラーノはとりたてて「素敵!」というわけではないけど、ちょっとだけ住んでみてもいいなあ、と思わせるゆる~い魅力がありました。

やっぱり短期で滞在される方は、ヴェネツィア本島で十分だと思いますが、時間のある方は行ってみてくださいね♪



「海外で育児」ランキングに参加してます!
 応援クリックお願いします!
[ 2008/05/22 20:33 ] おでかけ | TB(0) | CM(7)

ラッキー・・・

旅行、先週でよかったですね。
こちらは、ずーっと曇り空・雨です(涙)
ちょっと気温も下がったりなんかしちゃって・・・・もしかすると急に暑くなるのかな?

ムラーノ、良いですよね。
一度だけ行きました。

<そろばん>?
イタリアにもあるのかしら?
夫に見せて聞いてみようっと。
しばらくは、繊細なガラス製品とは無縁になりそうです(苦笑)
[ 2008/05/22 16:39 ] [ 編集 ]

そう、イタリア土産の(廉価な)ガラス細工って、
ほとんど中国製orナポリ周辺製って、
お土産物屋さんの友達が言ってました。
「作り方がヴェネチアン・グラスと同じだから、そう呼んでも間違っていないだろ?」だって。ヒドイ・・・

ムラーノ、私が行った時も、「買えなさそうオーラ」が出てたのか(笑)、のんびり散策出来ましたヨ。
客寄せ されなきゃ、いい所ですよね。

あぁ、イタリア、ますます行きたく(戻りたく?)なってきた!

[ 2008/05/22 17:46 ] [ 編集 ]

v-22satominaさん
ちょうどヴェネツィアまでは天気がよくてラッキーでした。
帰りにミラノに一泊してきたんですが、ヴェネツィア-ミラノ間で大雨にあいました。
そろばん…ですよね!日本のとはちょっと違いますが、あるんですね~。



v-22mamadevilさん
今回、おーちがどうしても欲しいと言って買ったおさかなのガラス細工、明らかにヴェネツィア製じゃなさそうでした(笑)。
でも、大事なのは本人の心に残る思い出でもあるしね~。
…といいつつやっぱり本物も欲しかった私。

mamadevilさんもまた行ってくださいね♪
[ 2008/05/22 19:46 ] [ 編集 ]

ムラーノ行ってみたいです!!

ムラーノ島いいですね。
去年夏にベネチアに行ったとき、ちょっと興味あったけど、ガイドにいろいろ書いてあることを読んで、怖そう?なんて思っていけませんでした。。(その代わり、リド島のビーチで遊びました)今度いける機会があったら、是非行ってみようと思いました!

遠く離れているご家族には、ブログの日記はとても楽しみなものなのでしょうね。更新されないと、どうかしたのか?なんて心配されてしまうのですね。。
ちなみにうちの向かいのアパートの一人暮らし(だと思う)の方は、1週間分をまとめて洗濯するのか、週末に洗濯物を干して、1週間ぐらい外に干したままでした、、、私は殺人事件を想像してしまいましたよ・・・・。。
[ 2008/05/23 00:56 ] [ 編集 ]

v-22ゆまままさん
そうですか!去年、行ってらしたんですね。
夏のビーチもよさそう…。
次回はぜひ、ムラーノへも行ってみてください!

1週間も洗濯物を干したまま…それはやっぱり怖いですよねえ。

[ 2008/05/23 08:25 ] [ 編集 ]

ムラーノのガラス工房にぜひ行ったみたいと思っていたんです。
ボヘミアングラスの方は見に行ったんですけど、同じガラスでも違いますからね。工房で直にオーダーすると信じられないくらい安かったけど、ムラーノはどうなんでしょう?

それにしても、ガラス工房の窓ガラスなんだからもう少ししっかりさせておいて欲しいですね。
[ 2008/05/23 15:02 ] [ 編集 ]

v-22ゆき珠さん
ボヘミアンも興味深いです。オーダーが安いなんて意外。
ムラーノのほうはどうかわかりませんが、場所&人によるって感じかも。
ほんと、読めない国ですから…イタリアは(笑)。

落ちてきた窓ガラス、今考えればかなり危険でした。
おーちの目の高さでもあったし。
もうちょっと怒ればよかったのかも?!
[ 2008/05/23 15:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/583-3df6a9a0