「Sくん」の気持ち 

昨日、おーちの水泳教室(市主催の無料泳げない子コース)に行ってきました。
歩いて片道20分の、別の学校にあるプールまで、毎週通っています。

木陰で雑誌など読みながら待っていると、いつもよりちょっと早めに子どもたちが出てきました。

おーちとクラスが一緒のパキスタンの男の子「Sくん」があたりを見回しています。
お迎えのお父さんを探しているようですが、まだのようです。


するとどこからか「パキスタンだよ。」と声がしました。
5、6年生ぐらいでしょうか、男の子たちが何人か話していました。

1人がヒュウウウと指笛をならし、小声で「早く帰れよ~」と。
もう1人が「ぱ、き、す、た~ん!」と言って笑っています。

Sくんに向かって言ったのではなく、仲間内でウケを狙うためにコソッと言った、という感じでしたが、Sくんは聞こえたのでしょう、声のするほうに振り向きました。

Sくんは小さくため息をついたようにも見えましたが、何もなかったように、靴の先で地面に四角や三角を書いていました。




「それってないですよね!」とか「かわいそうですよね。」と書きたい気持ちもやまやまなんだけど…

Sくんの気持ちが私にわかっているとはいえない。だから、このことについて私があれこれ書くのも僭越かもしれない、と思わせるような深い目をSくんはしていました。



そのあと、迎えにきたお父さんの車には、ドイツの国旗が左右につけられていました。
もちろん、サッカー、ドイツチームを応援しているのでしょう。

Sくんとその家族のドイツ生活に、いいことがたくさんあるといいなあ、と思いました。



いい線いってます!
 応援クリックお願いします!
[ 2008/06/20 15:43 ] 息子&娘たち | TB(0) | CM(5)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/06/20 17:23 ] [ 編集 ]

なんだか、胸が引き締められるような想いで読ませてもらったわ・・・

そちらでもそういうことってあるのね・・・・

今日はあえて深いコメは控えさせてもらうね。

でも、応援だけはばっちりだからね!!(^^)
[ 2008/06/20 23:56 ] [ 編集 ]

v-222008/06/20 17:23さん
ありがとうございます。
残念ながら、多かれ少なかれ、どこでも起こりうることなんですよね。



v-22ロッキンさん
ほんと、コメントひとつでは表せない気持ちですよね。
Sくん、昨日は元気に校庭を走り回っていました。
応援ありがとう!
[ 2008/06/21 09:38 ] [ 編集 ]

この子ども達が「外国人排斥」とかの意識、ないと思いたいです。でも、彼らはどこかで・・たいていは残念ながら家庭で・・こういうことを耳にして、そっか、パキスタン人にはこういうことを言っても別に悪くないんだな、という意識があるんだと思います。

私も同じようなことを言われたことがあり、その度にキレていましたが、最近は、かわいそうだよなー、と思えるようにというか、思うようにすることができるようになりました。いつもじゃないけどね。

[ 2008/06/21 21:17 ] [ 編集 ]

v-22nyf1403さん
おっしゃる通りだと思います。
残念ながら家庭で植え付けられてしまう感覚ってありますよね。
一度身についてしまうと、なかなか消えないものでもあると思うので、やはり「かわいそう」ですよね。…とはいえ、なかなか達観できるものじゃないんですが(笑)。
[ 2008/06/22 18:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/604-18913c4c