オレロン島、まずは海! 

さっそくですが、オレロン島の海の写真から!



がら~ん…
Oleron-spiaggia1

これは8月の最終日
私たちの借りたロッジから300mほどの「Les Huttes海岸」です。

フランス人家族たちが新学期に備えて帰ってしまった後は、ずっとこんな感じでした。
ま、この前週も混み合っているという感じはぜんぜんなく、ぽつんぽつんと家族連れがいる程度だったんですよ。


さて、海から海岸の中ほどまで、色の変わっているところがありますね。
満ち潮の時にはそこまで潮位が上がるのです。
地中海とは違って、満ち潮と引き潮の差が激しいため、ちゃんと時間を調べていかないと「え~!今日は砂浜がこんなに狭いの~!」ということもあります。


大西洋は地中海と比べると波が高いとか、水が冷たいとか聞いていましたが、特に気になるほどでもなく、むしろ日差しがやわらかく感じて過ごしやすいかな?と思いました。




海側から砂浜を撮ってみました。

こちらも、がらーん。
Oleron-spiaggia5
わが家の黄色いパラソルと、ふぇ。



Oleron-spiaggia2Oleron-spiaggia3
Oleron-spiaggia6Oleron-spiaggia4

ほぼ貸し切り状態で遊ぶ子どもたち。

左下は、ふぇがカリフォルニアからわざわざ持ち帰った(笑)大型カイト
直径は1.5m以上あります。

右下、ちょっと分かりにくいですが、これを持ってサーフをしてるグループがいました。
ウィンドサーフィンの凧版ですね。(名称わからず)
それから同じくこの凧をつけて走るゴーカートみたいな4輪車もいましたよ。
意外にスピードが出るので、怖そうだったけど。



この海岸のちょっと先には、磯になっている場所もあるので、小さなカニ、ヤドカリ、ヒトデ、ウニなんかを捕って観察したりしてました。もちろん、海に返してきましたけどね。

あとは、定番、砂でお城を作ったり、サーキットを作ってビー玉レースをしたり…毎日、のほほんと遊ぶ子どもたちでした。

2週間の間、念のためにと持っていったニンテンドーDSは、車での移動中でさえ一度も出番なしでした。(笑)



いつもありがとうございます
 応援クリックお願いします♪


島の東側の海岸はこちらから。

先ほど紹介した、Les Huttes海岸はピンクの◯のところです。


Oleron-Plan


そして、グリーンの◯のあたりは地名を「Bellevue=美しい眺め」といいます。
あいにくの曇り空ですが、とても素敵なところでした。

Oleron-bellevueOleron-bellevue2

ここはまた野鳥の観察保護区になっています。秋冬にはいろいろな鳥が見られるそうです。

小さな貝がらが、砂浜にたくさん打ち上げられていました。
Oleron-bellevue-conchiglie biancheOleron-bellevue-conchiglie rose
真っ白、ピンク~オレンジのグラデーション…




少し北上して、オレンジの◯は「Les Saumonards海岸」

Oleron-Les Saumonards2Oleron-Les Saumonards3
ここでは海釣りをする人がたくさんいました。(釣れているところは見なかったけど)


この砂浜で、るーが見つけたヒトデ。
Oleron-Les Saumonards-hitode

ヒトデのことをイタリア語では Stella Marina=海の星といいますが、本当に星のように見えます。

ちなみにここLes Saumonards海岸は、一部が「ナチュラリストのための海岸」に指定されています。(「この先200m←」という看板があった)

そう、丸はだか可なんだそうです。




さて、実はこのLes Saumonards海岸に行ったのは、他にもう1つ目的がありました。

それは…
地図中の右上に見える海の要塞「Fort Boyard」を見るためです。

一風変わった経歴の要塞。明日のお楽しみ~!



最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございました。(汗)




追記:→みきさん

これなんですが、どうでしょう?
Uni-Oleron

[ 2008/09/09 17:21 ] おでかけ | TB(0) | CM(8)

[小さなカニ、ヤドカリ、ヒトデ、ウニなんかを捕って観察したりしてました。もちろん、海に返してきましたけどね。]
麻さん、カニ、ヤドカリ、ヒトデはいいとして、雲丹!
帰したなんて、勿体なーい!!
オリーヴオイルと一緒に極細パスタに絡めて、うーん、美味しそう。
なんだか想像だけが膨らんでいきます・・・(笑)
[ 2008/09/09 11:06 ] [ 編集 ]

めちゃめちゃキレイで広いビーチなのに、
人が少ない!(驚)(@_@)
ここだとゆっくりできますね~(´▽`)
気分転換できそうですね(^-^)
うらやましいです(^^)
明日の記事も楽しみにしてます☆
[ 2008/09/09 11:26 ] [ 編集 ]

v-22みきさん
うに、とはいえですね、食用になるかはわからない感じなんですよ。
↑に追記しますので、見てみてください。
…でも、もしかして食べられたのかも、という気になってきました。(笑)


v-22ちょこさん
ほんと、ゆっくりできましたよ。
着替えのキャビンとか海の家とかなくて、不便といえば不便ですが、それがまた「よさ」でもあるっていう感じですかね。
[ 2008/09/09 12:14 ] [ 編集 ]

キレイなビーチですねぇ~
貸切状態、うらやましぃ!
我が家も、8月26日から9月2日までだったんですが、29日の金曜日に急に人が減って寂しくなりました。
そして、残ったのは英語圏民・・・
周りでは、激しく訛った英語が飛び交っておりました(笑)
続編・海の要塞、楽しみにしています♪
応援ポチ!
[ 2008/09/09 12:37 ] [ 編集 ]

あ、なんかビミョーな色・・・。
普通もっと黒いですよね。
この色のは見たことないなー。
ひとつだけ開けてみるとか・・・(笑)?
[ 2008/09/09 13:48 ] [ 編集 ]

貸切のビーチとは、とっても羨ましいですね。
子供たちも、思いっきり楽しめたんですね。

で、海水はいかがでしたか?
海水浴はできました?
一度、ローマ付近の海へ行ったけど、寒がりの私はなかなか海に入ることができませんでした。
ローマであの水温、フランスだと・・・と、考えちゃいました。

きれいなビーチの貝殻は、やっぱり可愛い!!
[ 2008/09/09 14:16 ] [ 編集 ]

ほんと、がら~んですね。沖縄の冬の海を思い出しちゃいました。(と言ってもダイバーとかいたりしてがらーんではないけど)
↑のウニの写真、私の知っている限りの知識でいうと食べられませ~ん!(真偽の程は?ですけど)
昔、小学校の遠足でウニをとってその場で校長先生がスプーンですくって食べさせてくれました。激ウマで今でもその味と場面を覚えています。あ~っ、よだれが・・・。
麻さん、それで「はだか可」の地域には行かなかったの?
[ 2008/09/09 14:30 ] [ 編集 ]

v-22mamadevilさん
マヨルカは英語&ドイツ語あたりがよく聞こえてきそうですよね~。
オレロンは8~9割がフランス人でした。
あとはドイツ人、オランダ人あたりがちらほら。
英語はほとんど聞こえませんでした。
不思議とアジア人もいなかったんですよ。


v-22みきさん
…でしょ?ちょっとね、って感じ。
それでもたぶん、みきさんなら開けていたでしょう。(爆)


v-22さとみーなさん
えーとですね、海水浴というか…私は腰までしか入りませんでした。(つ、冷たっ)
でも、子どもたちは泳いでましたよ。
気温から考えると、水温は高めなんじゃないかと思います。
暖流が流れてるからかな?


v-22Yogacatさん
なんかこう、寂しげですらありますよね。
ウニ、やはりダメっぽいですか。よかった、開けなくて。

はだか可区域はね、残念ながら(じゃないか)誰もいなかったと思うな。
気温18℃、曇りのち雨だったのでね~。
[ 2008/09/09 14:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/653-3f0de859