スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本からやってきたオレロンの牡蠣 

前にも紹介しましたが、オレロンは牡蠣の養殖で有名です。

橋を渡ったフランス本土側のマレンヌとオレロンの間の湾で、フランスの市場に出回る牡蠣の半分が養殖されています。

フランスでも、牡蠣は冬のごちそう。
以前住んでいたリヨンでも、冬になると路肩に牡蠣屋台のような店が並んでいました。
レモンをきゅっと絞って、みんな美味しそうに食べているのを恨めしく見ていた私でした。


さて、オレロンの牡蠣ですが、実は現在養殖されているのはほぼすべて「日本の牡蠣」です。

もちろん、もともとオレロンには牡蠣がいましたが、1920年ごろ、病気によって壊滅的な打撃を受けたのだそうです。

その後、ポルトガルの牡蠣で養殖を再開するも、うまくいかず。

そして、日本から取り寄せた牡蠣で再挑戦の末、なんとか成功を収め、現在に至ります。

この湾だけで1200以上(!)の牡蠣の業者が養殖に携わっているそうですよ。


私たちの滞在していたところから一番近い港町、サン・デニのマルシェには、牡蠣だけを扱う店が何件かありました。

Oleron-mercatoostriche


大きさも種類も値段もさまざま。
大きいものに高値がついているかというと、必ずしもそういうわけではないようで、脂ののったもの、味の濃いものなど、好みで選ぶことができます。

私は牡蠣アレルギーだし、ふぇもあまり牡蠣には馴染みがなく、まったくわからないので、高いほうから2番目のもの(12個で5ユーロ)を買ってみました。

牡蠣は生よりもさっと火を通したほうがおいしいような気がするので(アレルギーだとわかる前は、好きで食べていた)フライにしてみましたが、なかなか好評でしたよ。
他に、大きなエビ(Gambas)、イカ、イワシもフライに。



…ということで、今日はここまでにしておきます。

天日塩を作る「塩田」リポートはまた明日! 
島にわずか3件しか残っていない塩田のうちの1つを紹介します。



いつもありがとうございます
 応援クリックお願いします♪

[ 2008/09/11 18:11 ] おでかけ | TB(0) | CM(9)

おーちちゃんお誕生日おめでとうございます♪

“高いほうから2番目”わかります(笑)
牡蠣は最近になって好きになりました
でも生は怖いので、いつも火を通していただきます
もうすぐ?牡蠣のシーズンですね(^^)
[ 2008/09/11 12:40 ] [ 編集 ]

v-22ちょこさん
ありがとうございます。昨日はお赤飯を炊きましたよ。(おーち大好物)

高いほうから2番目、わかってくれますか。(笑)
ちょこさんのあたりだったら、広島の牡蠣がたくさん出回るんでしょうね。
[ 2008/09/11 14:03 ] [ 編集 ]

フフフ、私も高い方から2番目チームに入れていただきます...
新鮮な魚介が並ぶ魚市場って、それだけでワクワクしますよねー
牡蠣が12個で5ユーロってのに驚きです。安いっ!
Iルランドも牡蠣が有名ですが、港へ行っても、もうちょっとするかな?生牡蠣+ギネスが美味いんですよ!
って、私、牡蠣の美味さが分からないんで、試したことないんですけど(笑)
[ 2008/09/11 21:52 ] [ 編集 ]

麻さん、牡蠣アレルギーなんですかっ!?
火が通れば、大丈夫ですか?
・・・でも、牡蠣は牡蠣だしなぁ・・・

フランス人は牡蠣のイメージがありますが、イタリアはぜんぜんないですね。
スーパーで売っていますが、牡蠣好きなイタリア人に会ったことはありません。
そういう私も、とってもニガテです(笑
あのプニュプニュ感・・・・かな?
一度、元彼氏の前で、無理やり食べた事があります。
ビールで流した流した(笑
(まだ気の小さな頃、勧められたモノを断れませんでした・苦笑)

でも、レモンを絞って美味しそうに食べているのを見ると、食べてみたくはなるんですが・・・。
[ 2008/09/11 23:54 ] [ 編集 ]

v-22mamadevilさん
高いほうから2番目クラブへようこそ!
牡蠣、あまり食べたことないんですが、12個で5ユーロは安いんじゃないかと思いました。
地元の人もよく食べるからってことですかね。
生牡蠣とギネス、想像力があまり働かないですが、おいしいんでしょうね。


v-22さとみーなさん
牡蠣を食べる度に調子が悪くなり…もしかしてアレルギー?!と気がついたのは5回目ぐらいでした。(早く気がつけ!)
お腹にくる風邪かな?とか、こりゃ二日酔いだ!とか思ってたんですよ。
言われてみれば、牡蠣ってイタリアではマイナーですよね。
エビだって気持ち悪がる人多いし。

[ 2008/09/12 07:38 ] [ 編集 ]

イギリスの牡蠣も(どこだったか忘れちゃったけど)広島の種で増えているところがあるそうです。
病気で全滅しちゃったのが原因で、日本の商社が種を輸入したそうです。
これはその会社の人から聞いたので、ホントだと思います。
イギリスでは月の名前にRが入っていれば牡蠣のシーズンと言います。
5,6,7,8月とRの入っていない月の後、9月から解禁!
っていうか、最近は年中食べられますけどね。
オイスターバーでシャンペンを飲みながらぐいっと一飲みにします。
[ 2008/09/12 23:27 ] [ 編集 ]

v-22みきさん
やっぱりあの辺一帯で、牡蠣の病気が流行った時期があったんですね。
そういえばフランスでも「R」のつく月が牡蠣シーズンって言いますね。
月の呼び方は似てますから当然か…。
[ 2008/09/13 08:56 ] [ 編集 ]

牡蠣 いいですね 
ほとんど日本のものとはびっくりです!
広島に住んでたころは
やっぱりよく食べましたね^^
私の母は以前あたってからは 牡蠣NGですね><
[ 2008/09/16 12:50 ] [ 編集 ]

v-22はなさん
広島にお住まいだったんですね!
牡蠣って一度あたると繰り返す人が多いみたいです。
[ 2008/09/16 16:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/658-c42c38f2












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。