人違いでーす 

このあいだ、おーちを学校へ迎えに行く途中、あちらから50代と思われるご婦人(ドイツ人と思われる)が、小学生の女の子を連れてやってきました。

たぶん、孫を迎えに行ったおばあちゃんなのでしょう。
学校での出来事とかなのか、女の子はおばあちゃんにあれこれ話しかけていたんですが…
おばあちゃんは生返事。
なぜか、私から目を離さず、落ち着かない様子でした。

「?」と思っていると、すれ違ってからおばあちゃんは振り返り、
「すみません!」と私に。
振り返ると、「もしかして、あなたはルウさん…マウラ・ルウ(と聞こえた)ではありませんか?」と。



「いいえ、違います」と答えると、「はあああ、そうですか」とにっこり微笑んで行ってしまいました。
なんかね、すごーくほっとしたように見えたんですよ。それまでは、すごく緊張というか警戒していたような感じだったんですけどね。


尋ねてくれたから、違うと答えられてよかったですが、「たぶん、あれはマウラ・ルウだな」とかずっと思われていたらイヤですよね。

それにしても、マウラ・ルウって誰だ?


ただいま3位!
 応援クリックお願いします。
[ 2009/01/28 15:43 ] いろいろ | TB(0) | CM(5)

むむむ。実は私も過去に似たようなフシギな事が…。

あるスーパーの駐車場で車を止めると、つかつかとオバサンが近づいてきていきなり「○○って店知りませんか?」と訊くのです。
そんな名前の店なかったので「知りません」、同行の母も「さあ」と言うと、礼も言わずにすうっと立ち去りました。

すっかり忘れた1年後くらいにまた同じことがあり、母と「何だろうねえ?」と訝っていると、妹が
「それってヤバい取引(!)の符号とかじゃないのー?」と言い出しまして。
確かに2度とも同じ車、同じ場所、同じ時間帯でしたし、挙動不審なオバサンだったのでそうかも…と思いました。

まあでも、麻さんの会った人はお孫さん連れなんで、さすがにそれはないかな。(笑)
にしても、なんかあんまりいい気はしませんね。
[ 2009/01/28 11:29 ] [ 編集 ]

すっごく気になりますが、誰なんでしょぉ?
その緊張感からも、単なる知り合いってふうじゃ
ないですものね? あぁ、気になる。
[ 2009/01/28 12:25 ] [ 編集 ]

v-22えべさん
むむう、聞き覚えのない店…なるほど、取引の「符号」かもしれませんね。
マウラ・ルウも響き的にかなりあぶない気もしますが、怪しすぎるか。


v-22ふろっしゅさん
意を決して話しかけてきた感じなんです。
マウラ・ルウ、アジア人なんだろうけどね。
何気なく、お迎え仲間のママさんに「マウラ・ルウって知ってる?」と聞いてみたい気もして。
[ 2009/01/28 14:01 ] [ 編集 ]

マウラ・ルウの正体が気になりますね。

今の家に引っ越してきて、まだ荷物が片付いていない頃、ちゃんと表札が出ていたのにもかかわらず、しっかり間違いなく出ていたのに・・・
『アハメッドはいますか?』って中東系の人がやって来たことがありますよ。
『日本人家族なので、アハメッドなんていません』っていったのに、納得してくれなくて・・・延々と宗教観について語られた事がありました。

今でも『アハメッドはどこにいるんだろう?』って思い出す事があります。
[ 2009/01/28 20:47 ] [ 編集 ]

v-22ゆき珠さん
アハメッドと言われても困っちゃいますね。
宗教を語られるのもまた困るし。
「知人に似ていて」とか「前にここに住んでいた人で」とか、何かしらインフォがあると助かりますよね。
[ 2009/01/29 08:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sentiero.blog49.fc2.com/tb.php/867-2a5af1ee